女子中高生も大人もハマる「SNOW」最新事情

「指が自撮りを覚えている」彼女たち

SNOWは顔を認識してスタンプを施しますが、顔が認識されないことがあります。NHKの教育バラエティ番組「Rの法則」によると、自撮りアプリは「顔の明暗」や「目や鼻・口の位置と距離」により顔を認識しているとのこと。もし認識されない場合は、光の加減が異なる位置に移動したり、顔の角度を変えたりするといいかもしれません。また、使うスタンプによって人数の制限があることも。スタンプを変えてみるのも手です。

このように、いつでもSNOWでばっちり“盛れる”とはかぎりません。出先で急いでいるときや、大人数で撮るときにはSNOWで撮影できないこともあります。SNOWで撮影できないことは、女子中高生にとって死活問題です。

SNOWが使えないときの必殺ワザ

SNOWでなくても盛れるのは「目をつぶる」ワザだ

そこで、「暇さえあれば自撮りする」という女子高生たちに聞いてみました。そういうときには、目をつぶって斜め下を向くそうです。目を伏せると、なんとなく優しい雰囲気が出るうえに、盛れてなくても目立ちません。このとき、ピースを顔にかぶせて小顔効果を狙うと「よき」写真になるそうです。

飛ぶ鳥を落とす勢いのSNOWは、企業とのコラボにも精力的です。SNOWには700種類以上のスタンプがあり、ほぼ毎週追加されています。ポッキーの日(11月1日)には、期間限定のポッキースタンプを出しました。スヌーピーなどのキャラクターや、スマホゲームとのコラボスタンプもあります。また、流行にも敏感で、「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」がはやり始めたときにも、すばやくPPAPスタンプを出していました。

まだまだSNOWの人気は衰えないと思いますが、前述の女子高生たちは「自撮りにも2タイプがある」と言っていました。「SNOWのように“盛って”いることが丸わかりな自撮りと、さりげなく肌の質感や目の大きさ、鼻の高さを“盛って”くれる自撮り。これからはさりげなく“盛れる”自撮りが人気かも」とのこと。確かに、流行はある程度普及すると変わるものです。今後の自撮りアプリがどうなっていくのか、楽しみですね。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT