JFEと神戸製鋼の財務内容を分析する

世界は鉄余り、鉄鋼業は再び「冬の時代」が到来か?

鉄鋼メーカーは厳しい局面に(写真は新日鉄住金の君津製鉄所、撮影:小河眞与)

国内大手の鉄鋼メーカー、神戸製鋼所(以下、神戸製鋼)が、2017年度(平成29年度)をメドに神戸製鉄所の高炉を休止すると発表しました。鉄鋼事業の赤字が2年続いているため、コスト削減に踏み切ったのです。

ただし、業績が悪化しているのは神戸製鋼だけではありません。中国などの海外メーカーとの競争が激化していることや、鉄鋼市況そのものが弱含んでいることで、国内の鉄鋼業は厳しい局面に立たされています。今後、回復の見込みはあるのでしょうか。今回は、鉄鋼大手の神戸製鋼とJFEホールディングスの財務内容を分析していきます。

生き残りを賭け、「選択と集中」を行う神戸製鋼

国内の鉄鋼業界の2013年3月期(平成25年3月期)の売上高を比較しますと、12年(平成24年)に当時業界1位の新日本製鉄と3位の住友金属工業が合併して誕生した新日鉄住金が4兆3899億円でトップ。2位がJFEホールディングスで3兆1897億円。そして3位が、少し遅れをとって神戸製鋼1兆6855億円となっています。

今回は、このうち2位のJFEホールディングスと、3位の神戸製鋼の前13年3月期の決算内容を比較しながら、国内の鉄鋼業の先行きを考えていきます。

次ページ厳しい状況が続く神戸製鋼
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT