三越伊勢丹HDと消費の関係を分析する

アベノミクスと「一蓮托生」?の百貨店業界

3月にリモデルグランドオープンした伊勢丹新宿店。株高の追い風も受けた(撮影:尾形 文繁)

今年3月、百貨店全体の売り上げが大きく伸びました。まず、右の「全国百貨店売上高」を見てください。

百貨店の売り上げは長い間低迷していましたが、今年3月は前年比3.9%と大幅に増加しています。4月は少し減少しましたが、この2カ月間の売り上げには、共通する特徴があるのです。

「全国百貨店売上高の商品別売上高の内訳」から、主に増えている商品を調べますと、3月は「美術・宝飾・貴金属」が前年比15.6%増、「家具」が6.6%増、「衣料品」が4.8%増となっています。2ページには、この商品別売上高の4月分を掲載しましたが、同様の傾向が続きました。4月は「美術・宝飾・貴金属」が18.8%増、「家具」が7.2%増となっており、そのほかは軒並み減少しています。つまり、高級品や高額商品ばかりが売れているのです(なお、括弧の数字は店舗数調整前)。

次ページ東証1部の時価総額は約148兆円も増加した!
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • iPhoneの裏技
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。