三越伊勢丹HDと消費の関係を分析する

アベノミクスと「一蓮托生」?の百貨店業界

3月にリモデルグランドオープンした伊勢丹新宿店。株高の追い風も受けた(撮影:尾形 文繁)

今年3月、百貨店全体の売り上げが大きく伸びました。まず、右の「全国百貨店売上高」を見てください。

百貨店の売り上げは長い間低迷していましたが、今年3月は前年比3.9%と大幅に増加しています。4月は少し減少しましたが、この2カ月間の売り上げには、共通する特徴があるのです。

「全国百貨店売上高の商品別売上高の内訳」から、主に増えている商品を調べますと、3月は「美術・宝飾・貴金属」が前年比15.6%増、「家具」が6.6%増、「衣料品」が4.8%増となっています。2ページには、この商品別売上高の4月分を掲載しましたが、同様の傾向が続きました。4月は「美術・宝飾・貴金属」が18.8%増、「家具」が7.2%増となっており、そのほかは軒並み減少しています。つまり、高級品や高額商品ばかりが売れているのです(なお、括弧の数字は店舗数調整前)。

次ページ東証1部の時価総額は約148兆円も増加した!
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT