就活生は「就職ナビ」を過信してはいけない

3月1日0時を境に膨大な採用情報にのまれる

就職ナビにはたくさんの企業情報があるが、それだけで就職活動を進めていくのは不十分だ(写真:kikuo/PIXTA)

11月も半ばになってきた。2015年に入社した先輩たちまでは、今と違って採用広報解禁日が12月1日だった。つまりこの時期はあと2週間足らずで就職ナビが一斉にオープンし、志望企業へのプレエントリーや合同企業セミナーへの参加など、就職活動が一気に加速するタイミングになっていた。

しかし、2018年入社に向けた経団連の指針(大手企業の採用活動スケジュール)では、採用広報解禁日は2017年の3月1日となっている。解禁日は3カ月以上も先だから、まだまだ就職活動のことなんか考えなくても大丈夫、と思っている人はいないだろうか。

3月1日を境に状況は一変する

就職四季報プラスワンの記事一覧はこちら

今年は、去年にも増して、多くの企業がサマーインターンシップを開催している。すでにインターンシップに参加し、実質的に就職活動をスタートした人も多いことだろう。

だが参加しただけで終わってしまっている人が結構いるのではないだろうか。のほほんと3月1日を迎えてしまうと大変なことになる。なぜならこの日を境に、就職活動がいきなり「ピーク」を迎えるからだ。

次ページ3月1日に始まることとは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT