VW「ビートル」に加わった1.4Lモデルの実力

150馬力で18.3km/L、独自の内外装にも魅力

 

永遠のアイコンと呼ばれるビートル。そのイメージを現代によみがえらせたザ・ビートルは豊富なカラースキームなどで人気を呼んでいる。そこに1.4リッターモデルが新たに追加。ほどよいパワー感でコストパフォーマンスが高い。

マイナーチェンジを受けたフォルクスワーゲン ザ・ビートル。最新の話題は1.4リッターエンジン搭載のザ・ビートルR-Lineの導入だ。2016年11月9日に日本発売されたこのモデルは、従来の1.2リッターと2リッターのギャップを埋める。適度なパワーでバリューフォーマネー感の高いモデルといえる。

60年代の西海岸のユースカルチャーを彷彿とさせる

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

フォルクスワーゲンのザ・ビートルは2011年に発表。1998年に登場してその斬新なコンセプトから大きな話題を呼んだニュービートルの後継である。唯一無二のものに与えられる英語の定冠詞「ザ」を車名に戴いているだけにフォルクスワーゲンの自信のほどが感じられる。日本には2012年から導入され、一時期はカブリオレも設定されていた。

ザ・ビートルの特徴は限定仕様が多いところにある。過去の人気モデルを彷彿させる外観だったり大出力のオーディオシステムを搭載したりというぐあいだ。基本的にはオリジナルビートルが人気あった米国のいわゆる西海岸の60年代のユースカルチャーを彷彿させるものが多かった。日本法人であるフォルクスワーゲングループジャパンのマーケティング手法には注目に値するものなのだ。

2016年9月21日にザ・ビートルのラインナップはアップデート化された。1.2リッター車は「ベース」と「デザイン」となり、2リッター車は「2.0 R-Line」と呼称変更された。かつてのザ・ビートルターボである。そこに加わったのが1.4リッターのザ・ビートルR-Lineだ。

次ページ1.4リッターエンジンの魅力
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 今さら聞けない競馬のキホン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。