ジレンマに答えが?”戦わせない”討論番組

「ニッポンのジレンマ」丸山俊一・制作統括に聞く

「1970年以降生まれ」が語るニッポン・バージョンアップ作戦――。
毎月最終週の土曜日24時からレギュラー放送している討論番組・Eテレ「新世代が解く!ニッポンのジレンマ」のキャッチフレーズだ。2012年1月1日、新世代の若手論客を一同に集め、「震災の年から希望の年へ」をテーマに語り合った第1回目の放送は、ツイッターを中心に大きな話題となった。
その後も、不定期に放送されてきたが、満を持しての4月からレギュラー化。6月29日(土)には明治大学で300人を集めて公開収録を行った「数理のチカラ、僕らの未来」が放送される。「ジレンマ」というコンセプトを生み出した、丸山俊一・制作統括に「ニッポンのジレンマ」の今について聞いた。

「朝生」にはない「共有」を

「戦わない」討論番組へ――。「ニッポンのジレンマ」の面白さは大きく2つある。ひとつは、「ウルトラテクノロジスト集団」チームラボを率いる猪子寿之氏、気鋭の評論家・宇野常寛氏、若手歴史学者として注目を集める與那覇潤氏、ノマドという名称を広めたマイクロ起業家、安藤美冬氏などさまざまなジャンルの若手論客が出演していること。

そしてもうひとつは、討論番組でも「賛成」「反対」に分かれて、喧々囂々と議論しないこと。1987年からテレビ朝日で始まった「朝まで生テレビ(以下、朝生)」で司会のジャーナリスト・田原総一朗氏を中心に激論が繰り広げられるのとはまったく異なるスタイル。それが「時代」を反映しているという。

次ページ「戦う」ではなく「共有すること」を目指す
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT