フェイスブックを超える?若者サイトの美学

ヤフーも絶賛、若者文化の具現者

タンブラーは、数あるブログサイトの中でも「美しい」という特徴を持っている。カープはタンブラーをゴチャゴチャと多機能に仕立て上げる代わりに、シンプルな機能をとてもわかりやく使えるようにした。ちょうどカープその人と同じように、だ。

より美しく見せることができることが、若者やクリエイターに支持されている

そんなミニマリスト的な真髄を理解したのは、クリエイティブな人々だった。自分が撮った風景写真を美しく見せてシェアしたい、どこかで見かけたきれいなモノを見せたい、うまくできた作品をここで発表したいなど、長々と言葉で語るのではなく、ビジュアルでコミュニケートしたい人々だ。

そんなクリエイティブな人々が、さらにクリエイティブな人々を呼び、タンブラーは美しいビジュアルでユーザーたちが表現し、コミュニケートする場所になったのだ。タンブラーのサイトを見ると、忙しく、情報過剰なインターネットからの、一瞬の逃避を味わえるはずだ。

15歳で高校中退、ネット富豪へ

カーブが最初に仕事でおカネを設けたのは12歳のとき。10歳になる前からプログラムを書き始め、11歳でHTMLを独学で学んだ。そしてニューヨークの近所の会社のために、ウェブサイトを作り始めた。15歳のときに高校をドロップアウト。それ以来、学校へは行っていない。

知り合いのアニメ会社や、スタートアップに務めた時期を経て、自分の会社を創設。プログラマーを雇い、インターネット企業などへのコンサルティングを行っていた。ティーンエージャーだということを隠すのに必死だったという。

2006年のあるとき、仕事がなかった2週間を利用して作ったのがタンブラーだった。2週間の間にユーザーが7万5000人になり、翌年の秋にはコンサルタント業を閉めた。そしてタンブラーに専念し始めたのだ。後は、ユーザーがうなぎ上りに増えるのを見ているだけだった。

インターネットのスタートアップというと、これまでは「手っ取り早く作って、金儲けしよう」という意図が透けて見えたものだが、タンブラーは、その美しさや丁寧な作り方から、カープの人柄がうかがえる。「普通の人たちに通じるようなサイトを作りたかった」と彼は語っている。

日本好きで、日本語も習い、5カ月も滞在した経験があるという。無駄なものは持たず、自分の生の感覚でサイトを作り、会社を運営する。それが、タンブラーに人々が引き寄せられた理由だ。ごく普通なことかもしれないが、これまでインターネットではなかなか感じられなかった手触りである。

課題は、ヤフーに買収されても、カープらしさ、タンブラーらしさを失わないこと。現在26歳。カープは今、大きなチャレンジに直面していると言える。
 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT