フェイスブックを超える?若者サイトの美学

ヤフーも絶賛、若者文化の具現者

タンブラーは、数あるブログサイトの中でも「美しい」という特徴を持っている。カープはタンブラーをゴチャゴチャと多機能に仕立て上げる代わりに、シンプルな機能をとてもわかりやく使えるようにした。ちょうどカープその人と同じように、だ。

より美しく見せることができることが、若者やクリエイターに支持されている

そんなミニマリスト的な真髄を理解したのは、クリエイティブな人々だった。自分が撮った風景写真を美しく見せてシェアしたい、どこかで見かけたきれいなモノを見せたい、うまくできた作品をここで発表したいなど、長々と言葉で語るのではなく、ビジュアルでコミュニケートしたい人々だ。

そんなクリエイティブな人々が、さらにクリエイティブな人々を呼び、タンブラーは美しいビジュアルでユーザーたちが表現し、コミュニケートする場所になったのだ。タンブラーのサイトを見ると、忙しく、情報過剰なインターネットからの、一瞬の逃避を味わえるはずだ。

15歳で高校中退、ネット富豪へ

カーブが最初に仕事でおカネを設けたのは12歳のとき。10歳になる前からプログラムを書き始め、11歳でHTMLを独学で学んだ。そしてニューヨークの近所の会社のために、ウェブサイトを作り始めた。15歳のときに高校をドロップアウト。それ以来、学校へは行っていない。

知り合いのアニメ会社や、スタートアップに務めた時期を経て、自分の会社を創設。プログラマーを雇い、インターネット企業などへのコンサルティングを行っていた。ティーンエージャーだということを隠すのに必死だったという。

2006年のあるとき、仕事がなかった2週間を利用して作ったのがタンブラーだった。2週間の間にユーザーが7万5000人になり、翌年の秋にはコンサルタント業を閉めた。そしてタンブラーに専念し始めたのだ。後は、ユーザーがうなぎ上りに増えるのを見ているだけだった。

インターネットのスタートアップというと、これまでは「手っ取り早く作って、金儲けしよう」という意図が透けて見えたものだが、タンブラーは、その美しさや丁寧な作り方から、カープの人柄がうかがえる。「普通の人たちに通じるようなサイトを作りたかった」と彼は語っている。

日本好きで、日本語も習い、5カ月も滞在した経験があるという。無駄なものは持たず、自分の生の感覚でサイトを作り、会社を運営する。それが、タンブラーに人々が引き寄せられた理由だ。ごく普通なことかもしれないが、これまでインターネットではなかなか感じられなかった手触りである。

課題は、ヤフーに買収されても、カープらしさ、タンブラーらしさを失わないこと。現在26歳。カープは今、大きなチャレンジに直面していると言える。
 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人生100年時代の稼ぐ力<br>副業・資格で定年後も長く働こう

人員削減や年金不足問題など、将来収入への不安は募るばかり。会社に依存するのではなく、副業や資格を持つことで長く働くすべを身に付けよう。需要がグンと高まる資格、60代からでも食える仕事など、実践的な情報を満載。