手作り愛好家サイトが大ブレイクしたワケ

“手作り愛”と、テクノロジーの世界を橋渡し

急成長する手作り品コミュニティサイトEtsyは、なぜ成功したか(写真はEtsyのオフィス) 出所:Etsy

エッツィー(Etsy)は、アメリカ人の創造力を解き放った。

ちょっと大袈裟かもしれないが、手作り品の販売サイトとして人気のあるこのサイトは、見ているだけでインスピレーションにあふれ、ごく普通の人々のクリエーティビティが花開いていることが感じられる。

日本ではまだあまり知られていないので、少々説明を加えよう。

編み物や陶芸、自作ファッションデザイン、アクセサリー制作など、ちょっとした趣味があなたにあったとしよう。趣味とは言え、技をどんどん極めていくうちに、出来上がるもののクオリティがどんどん向上していく。そうして、作るものへの愛着もますます高まる。そうしたできた作品は誰かに見てもらいたいし、使ってもらいたい。何よりも、自分と同じように手作りを愛する人々につながりたい。

そうしたときに、同じような気持ちをシェアできる人々が集まっているコミュニティーが、エッツィーである。

メンバーは2500万人、85万店が出店

Etsyでは、85万店もの手作り品店が日々商品をアップしている

エッツィーは自分が作ったものをサイトに上げ、それを気に入った人々が買ってくれる場所だ。買ってくれる人々は世界に広がり、また世界中の手作り人がここで店を開いている。

このコミュニティの面白いところは、売る人と買う人がよく似た人々であるという点。デパートやスーパーで売っているような商品、あるいは大手ファッションメーカーが打ち出す商品などと違って、ブランド名はないけれども、作った人の味わいや思いが込められているものが好きな人々が集まっているのだ。

当然、彼らには見る目もある。どこかの有名店の太鼓判が押されていなくても、いいもの、好きなものが一目でわかるのだ。

2005年に創設されたエッツィーは、すでに2500万人のメンバーを抱え、85万店の店舗が店を開いている。昨年は8億9500万ドルの手作りものがここで販売された。“手作り人”たちにとっては、なくてはならないサイトになっているのだ。

次ページヤフー流、テクノロジー文化を移植
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 住みよさランキング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT