仕事で悟れ!サラリーマン道

『十牛図』を見て己を取り戻そう

十牛図は仕事にも活きる

『十牛図』は、自己が本当に自己を取り戻すプロセスが、牛飼いが牛を飼いならすこと(つまり牛飼いの仕事)を通じて、実際の経験として示されているということです。道として真剣に仕事に取り組む人ならば、いかなる仕事であれ、そのまま『十牛図』における牛飼いの仕事と同じような成長過程をたどっていくはずです。

『十牛図』において、牛飼いが牛飼いの仕事を通じて(牛が象徴する)真の自己を見つけるプロセスは、企業においてビジネスパーソンが仕事を通じて(事業が象徴する)真の自己を見つけるプロセスと、重なるのではないでしょうか。自分の仕事と重ね合わせて、牛飼いの歩みから何か感じてもらえれば幸いです。

第1 尋牛(牛を尋ねる)

―牛を探し尋ねることを始めた図

そもそも、真の自己を求める気持ちがなければ、何も始まりません。できるビジネスパーソンならば、仕事を通じて自己を発見することを意識している人が多いのではないでしょうか。自己実現ということも言われます。しかし、「自己を実現」と言われても、ならば自己はどこに行ってしまったというのでしょう。もともと備わっているはずなのに、それに背中を向けてばかりいるから、見失ってしまったのです。だから、再発見しなければならない。あなたの中に、求めようという気持ちが起こるところから、道としての仕事がはじまります。

第2 見跡(足跡を探し出した)

―まだ、牛の姿は見えないけれど、足跡をたどって山に分け入る図

自分なりに最善を尽くして就職した会社だが、果たしてこの道でよかったのだろうか。迷いもありますが、とにかく今は、この道を進むしかありません。あなたは、先輩たちからさまざまなことを学び、仕事の筋道を理解します。自分に必要な知識を身に付けるため、ビジネス書も読みかじります。まだ、日々の自分の仕事がビジネス全体の中でどういう意味を持つのかも深く理解はできませんが、まずはこの道に慣れることから、道は開かれます。

第3 見牛(牛を見つけた)

―牛を尋ねて修行に出かけ、足跡をようやく見つけて、牛の姿を見いだす図

この業界に入って数年。部署の先輩についていろいろなことを教わりながら、自分なりにも工夫を重ねて、精進してきました。資料作りなどの下仕事から始まって、今では先輩とともに営業先でプレゼンテーションを任されるほどになりました。数名ですが部下も持ち、以前のように言われたことをやるだけでなく、リーダーとして自分で新規事業を創ることが求められています。そんなとき、あなたはついに、これぞ!という新たなビジネスの種を見つけ、可能性を追いかけることにしました。

 

次ページ牛を飼い馴らす…(仕事も軌道にのる)
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。