リベラルアーツカレッジで受ける授業

膨大なリーディングと、活発なディスカッション

初めは、わからない単語の意味はすべて辞書で調べ、すべての文章を理解しよう、と努めていたのですが、あまりのリーディングの多さに挫折しました。しかし、学期が進む中で、実際そうする必要もないことに気つきました。

日本の英語の授業では、文章すべての単語を理解する精読が中心でしたが、アメリカの大学の授業で必要とされる予習は、リーディングの要旨理解と解釈です。知らない単語が出てきても、同じことを違う言い回しで述べていることも多いので、ある程度の長さを読めば、要旨をつかめます。

ただし、リーディングをするときに重要なのは、読みっぱなしにしないことです。授業で問われるのは、リーディングをすべてこなしたことや、すべての意味を理解したことではなく、それを基に授業中に自分の意見を言えるか、ということだからです。ここで、私の失敗から学んだ事例を紹介します。

読んでいるだけ、わかっているだけでは不十分

中国史の授業では、事前にディスカッションの質問が教授からメールで送られ、実際の授業では、教授が指名したり、学生が手を挙げたりする中でディスカッションが進められます。

ある日、私は「そろそろ自分も当たるのでは」と思い、かなり前から授業の準備を始め、すべてのリーディングをこなし、自信満々で授業に臨みました。しかし、読みっぱなしにしていたために、実際の授業では、読んでいた文献の内容がうろ覚えになっていました。そのために、授業中にある文献に関する質問をされたとき、間違えて別の文献に書かれていたことをぺらぺらと話してしまいました。その結果、”It’s the opposite. Did you read the text?(それは反対だよ、君は教科書を読んだか?)”と教授に言われてしまいました。

自分の予習の成果がまったく出せず、落ち込んでしまって、授業の後半のオープンディスカッションでは、せっかく用意していたことを言う気になれず、黙っていました。読んでいるだけ、分かっているだけでは不十分で、リーディングを基に実際の授業で、自分の意見を正しく発信することが必要で、そうでなければここでは評価されないんだ、ということを痛感しました。

次ページ日本と違う、数学の教え方
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスに効く<br>最強の健康法

現代人の大きな悩みである健康。多忙なビジネスパーソンのため、すぐに実践でき即効性がある健康法を厳選。糖質制限簡易版に加え「ゾンビ体操」「これだけ体操」を大きなイラスト入りで紹介。健康経営、健康ビジネスに踏み出す企業も満載。