米国クラウドファンディング“元祖”の発想力

米国流スタートアップと似て異なる、熱い思想

最近では、5年前に終了したカルト人気テレビ番組『ヴェロニカ・マーズ』の映画化のために、9万1000人以上から570万ドル以上が集まった。

大金を集めるより、大事なこと

だが、チェンは、多くの資金が集まったからと言って、それが理想だとは思っていない。たとえば、キックスターターのサイトが量販店の販売サイトのように使われることに対しては、本意とするところではないと明らかにしている。

どんなに小さなプロジェクトでも、アーティストとそれをサポートする人々が、やりとりしながらプロジェクトを育てていくようなことが、彼にとっての理想なのだ。

クラウドファンディングは、まさにキックスターターによって形作られたようなものだが、チェン自身は「クラウドファンディング」と呼ばれるのを好んでいない。その定義もあいまいだし、そう呼ばれることによって誤解も生まれるからだ。

キックスターターは、それよりも「(芸術的な活動に経済的・精神的な援助をする)パトロネージと、商業の中間のようなもの」と言う。

けれども、キックスターターの存在によって、これまでカネの流れを牛耳っていた銀行や投資業界、あるいは音楽、映画、プロダクト製造など種々の業界のやり方だけが、世に新しいものを生む方法ではないことが証明された。

資本主義の行きすぎたあり方にうんざりしていたわれわれすべてにとって、これは朗報と言っていいだろう。
 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 最新の週刊東洋経済
  • 本当は怖い住宅購入
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自前の物流網を一気に拡大<br>アマゾンジャパンの真意

アマゾンジャパンで物流部門を長年統括するジェフ・ハヤシダ氏へのインタビュー。個人事業主に直接配送を委託する「アマゾンフレックス」の構想は4年前からあり、現在は首都圏中心の6地域ですが、今後3年で全国に広げることが明かされました。