ヤフーが作った、最強コワーキングスペース

どうせやるなら、“最先端の社交場”を作りたい

ヤフー社員自らが企画して、石巻に作った、最先端コワーキングスペース

「とーちゃんが1人でみやぎに行くのはかわいそうだから、ぼくはついて行く」

2012年6月、ヤフーの復興支援事業の拠点となる「ヤフー石巻復興ベース」の設置と、ヤフー社員がそこに常駐することが決まったときのこと。単身赴任するか家族で移住するか、それとも調整役として東京に残るか、父親である僕がまだ決めかねていた頃、春に入学したばかりの小学1年生の息子が生意気にもこのように宣言した。

僕の家族は、奥さんと小学1年生、幼稚園の子ども2人。「石巻に勤務するかもしれない」という話が出たときから、これからどうするか家族で相談していた。

一度は、いっちょまえに「ひっこすかどうかなやんでいる」と言っていた息子。その子が「とーちゃんについていく」と奥さんに告げたと聞いて、自分の息子に背中を押される日がこんなにも早く来るなんて……と思った。

そしてうちの奥さん。もともと彼女は日本中をバイクで点々とする旅人だったので、フットワークが軽い。子どもが生まれる前は、僕と屋久島までツーリングに行ったり、毎年、全国の旅人が集結する青森ねぶた祭に顔を出したりしていた。

子どもがある程度大きくなった後も、車にテントを積み、家族4人で1週間くらい東北を野宿して回ったこともあった。だから僕たちは東北に親しみがあったし、地方に対する抵抗感もなかった。

社長の宮坂も言っていた。「迷ったらワイルドなほうを選べ」、と。

「よし、みんなで行くぞーー!」

次ページどうせやるなら、コワーキングスペース!
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。