フジテレビの母が、現場職を続けられた理由

「がむしゃらに働く」を支える、”味方”を増やすには

オープンマインドな藤村さんは、さらに、昨年6月から、家庭に大学生インターンを受け入れている。

「『スリール』という会社が始めた、将来的に仕事と育児を両立させたい学生が、両親共に働く家庭にインターンシップする取り組みです。受け入れ側のわれわれとしては、インターン生が、子どもと遊んでくれるし、習い事の送り迎えまでやってくれるので、とても助かる。学生さんと話す機会が増えて、見識も広がりますしね」 

働く母に、激務と閑職の”中間の職”を

仕事と育児の両立、そして生活の充実を目指して、あれもこれもと手を出しては、かえって収拾がつかなくなるワーキングマザーも多い中、藤村さんは混乱から活力を見出し、カオスの刺激を楽しんでいるようにさえ見える。

 それはたぶん、藤村さんの、残業や夜勤の多い職場も、「24時間やっている便利な職場」ととらえてしまう、また、「母親でいることをウリにしてしまおう」というほどの、プラス思考によるものなのだろう。

また、藤村さんは仕事とプライベートを明確に分けない。プライベートで行っているワーキングマザーの交流会を仕事に生かしたり、夜間の仕事中に子どもの面倒を見るために自宅に戻るなど、公私の境目は相当、あいまいだ。

このように、母親業が即、仕事に生かせる点、会社が臨機応変な働き方を容認してくれている点は、藤村さんが相当、恵まれている部分ではある。

だからこそ、藤村さんは、ワーキングマザーの悩みを代弁して、多くの会社に、こうリクエストする。

「多くの企業では、育休はもちろん、時短勤務制度が取得できるなど、女性社員の育児支援策は整備されました。しかし、現実には、時短勤務では、なかなかエキサイティングな仕事はできない。反対に刺激的で面白い仕事をするには、家庭を犠牲にして長時間労働するしかない。

つまり、ワーキングマザーの仕事には、閑職と面白い仕事のちょうど”中間”がないのです。今後は、家庭も面白い仕事もあきらめずにできる、中間の仕事が増えればいいなと、思います」

きっと多くのワーキングマザーが、うなずいてくれるのではないか。

(撮影:梅谷秀司)

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。