フジテレビの母が、現場職を続けられた理由

「がむしゃらに働く」を支える、”味方”を増やすには

それに、私は当時入社4年目で大したキャリアもない。ものすごく仕事ができる人が復帰しても、後輩ら周囲の女性陣は『あの人だからできるんだろう』と思うだけですが、平凡な私が復帰したら、『あの人にできるなら私も……』と思ってくれるかもしれない、とも感じましたね」

妊娠中は、上司の配慮で、夜勤はなくしてもらい、取材先のアポ取りや情報のリサーチなどディレクターの補助的な業務に回してもらった。そして、出産後は、実家と会社の中間地点に引っ越して、両家の両親が自宅に駆けつけやすい環境を作り、娘さんを認証保育園に入園させる手筈も整えた。

こうして2008年、出産から7カ月で早くもディレクターにカムバックしたが、待ち受けていたのは、想像以上にハードな日々だった。

子どもが寝ている時間に、仕事を済ます

復帰直後について、藤村さんは「あまりよく覚えていない」という。送った日々がきつすぎて、記憶していないというのだ。

「ディレクターの仕事で悩ましいのは、分業が難しいこと。テーマを決めて、それにあった取材先を探し、実際に取材して、編集する、この一連の流れを、同じ人がやらないことには、取材対象者の言った文脈が違った形で編集されてしまったり、取材意図とずれる場合もあり、トラブルの種になりかねない。

だから私自身、たとえ徹夜で24時間働く必要があっても、絶対に他の人に途中で取材テープを渡したくはないんです」

取材対象者からしても、藤村さん個人との信頼関係があるからこそ、取材を承諾する場合が多い。だから、自分の企画の面倒は、最後まで自分が責任を取るのがスジだと、藤村さんは考える。

しかし、責任を取るからには必然的に長時間勤務にならざるをえず、家族と家事・育児を計画的に分担する必要がある。

「子どもの保育園の送り迎えは、私と主人、母と義母の4人体制。母や義母には、週1回ずつ毎朝6時には家に来てもらい、朝食の準備や洗い物、洗濯や洗濯物の畳みから、娘の保育園の送りまでしてもらった。当時は2人とも働いていたのに、大変な負担をかけたと思っています」

お迎えは基本、夫婦で分担したが、藤村さんの出張時やオンエア前の繁忙期は、それもできなくなり、ピンチヒッターをお願いすることもしばしば。もちろん、藤村さんも限界まで、時間をねん出する努力をしてきた。

次ページピンチを救った、上司や同僚の理解
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 離婚親の選択
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング