パリの男女がハマる「50代思春期」の衝撃実態

男友達を娘とシェア…まさに"幸年期"

フランスというと、成熟した大人社会を思い浮かべる方が多くいらっしゃるでしょう。エレガントでシック、年齢を経るごとに身につく品格と風格が定番であります。わたくしが以前より憧憬して、そうした情報を日本の皆さんに、一生懸命送ってきたつもりです。

ところが「50代の思春期」とは、いったい何たることでしょう! 大人になりたくない? 永遠のティーンエージャー? 寝ぼけているのか、ホントにボケてきたのか……。いち早く傾倒していったのは、男性でなく女性だったよう。若ぶったヘアメイクに身を固めていま風の若者クラブに出入りし、娘とTシャツのみならずbf(ボーイフレンド)までシェアする(!)。ミッドライフクライシスに悩んでいた男性は出遅れたようです。

カンカドは自分を、本気で若いと思い込んでいますので、精神年齢が同程度の(20〜30歳も年下の)友人や恋人を持ち、ニューテクノロジーに夢中で、SNSやコミケに熱中しています。

「好きな時に好きなことをして何が悪い!」と言われればそれまで、経済的にも潤沢だとすれば「我輩の辞書に不可能はない」となってしまいます。――もう手のつけられない、大きな図体のわがままな子どもですね。

その差、平均で13歳…実年齢より「若く見えると思う」

世間は持てあまし気味かと思うと、そうでもなさそうです。本物の若い世代は、「若造りが極端だと笑っちゃうけど、別にいいんじゃない。歳とって辛気臭くなるよりはね」と。さすが個人主義の国で、どっちがオトナかわからない状態です。

カンカドを造語した社会学者(Serge Guérin)によると、1968年の5月革命以後の社会では、親が子どもに対して権威を振るわない傾向が出てきたとのこと。カンカドの場合、親子は“友だち関係”といったほうがいいとも。

45歳から60歳までの女性を対象としたアンケート調査によると、ほぼすべてが「人生はうまくいっている」と答え、90%が「(自分は実年齢より)若く見えると思う」と答えています。その差の平均は、実年齢より13歳も若いというから驚きです。

女性たちは、50代を「成熟した女性の美しさが開花する新しい人生のスタートの時」と考えています。だから「いつでも日常を抜け出し旅に出る準備がある」人は70%、「タトゥーをいつでも入れられる」人だって5人に1人はいます。

次ページ本物の若者との決定的違いは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今年こそ始めるプログラミング<br>AI時代の必須スキル

あらゆる産業でITとの融合が加速し、プログラミングは新たなビジネスや業務効率化に必ず役に立ちます。基礎的な考え方や実際の例文(コード)を満載してゼロから説明。4月から小学校で必修となる、教育の最前線もお届けします。