パリの夫婦に「子ども優先」なんて呪縛はない

両親を見て、子は大人の世界に胸を膨らます

「恋愛生活を継続する父と母」であるためには?(写真:jaspe / PIXTA)
「夫婦にとって、時に子ども不在の大人の時間は大事だね。子どもがキャンプに行っている間は、友人夫婦たちと郊外の別荘でパーティさ」
パトリック・ヴェイユ/51歳 TVディレクター

 

前回記事まででは「センシュアリティ」の語源などをお話ししてまいりましたが、そろそろ辞書を閉じて、あなたのご家族に視線を移してみましょう。ここでは、子どものいる夫婦のセンシュアルな生活について考えてみます。

フランス人の夫婦は、子どもができたからといって、互いを「パパ」とか「ママン」とか呼び合うことなんてゼッタイにありません。もし妻が「パパ」なんて呼んだら、夫は「ノン、ぼくはケダモノではない」とか「ぼくの子ならもっとエスプリが効いている」とか言って、妻の唇を封じるに決まっています。もちろんリップで、子どもの見ている眼の前で。

両親を見て、子は「アムール」のなんたるかを知る

彼らの考える「愛ある家庭」は、「恋愛生活を継続する父と母」が大前提にあります。子どもたちは、そんな両親の姿を目の当たりにし、アムール(イタリア語なら、流行りのアモーレ!)のなんたるかを脳に刻み込みつつ、大人になっていくのです。

ロマン派の音楽を聴けばおわかりのように、ロマンとは咲き乱れる花や吹き荒れる風雨。めくるめく波乱万丈があってこそドラマチックで絵になるのです。恋とは冒険であり、出会いは非日常への跳躍です。

一方、その2人が結ばれた後の結婚生活はどうでしょう? 毎日が波瀾万丈、事件や事故の連続というのではたまりません。日常とは平和であり、なにごともない穏やかな生活の継続ではないでしょうか。

すると、「恋愛を継続する父と母」というのは、ある種の「ミッションインポッシブル」となってしまいます。日常と非日常の“日常的衝突”。子どもができたとなると、それこそしっちゃかめっちゃかではないですか。

だからこそ夫も妻も、スーパーマンやスーパーウーマンにならなければなりません。

次ページ近代日本の主婦は「地に墜ちた憧れの女」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。