第3次ブーム!「ミニ四駆」が人気再燃のワケ

子ども時代にハマった大人たちも参戦

海外でもこの流れは同じで、先日香港で行われた大会では、Webでのライブ中継の瞬間最大視聴者が20万人を超えたそうです。SNSを通じて海外レーサーと交流するもよし、子供と真剣に改造談義を楽しむもよし。お好みのスタイルでミニ四駆を楽しんでみてください」(村田さん)

僕らを夢中にさせたミニ四駆の歴史

シリーズ第1弾はフォード・レインジャー4×4

・1982年

実車をモデルにした「ミニ四駆」発売。シリーズ第1弾はフォード・レインジャー4×4。定価500円。

・1984年

テレビ番組「タミヤRCカーグランプリ」放送開始。

「レーサーミニ四駆」を発表

・1986年

「レーサーミニ四駆」を発表。眺めてよし!スピードを競ってよし!という、現代ミニ四駆の先駆けとなった。定価は600円。

・1987年

コロコロコミックに、初のミニ四駆漫画『ミニヨン竜太』(読み切り)掲載。同誌12月号では、徳田ザウルス氏による金字塔的ミニ四駆漫画『ダッシュ!四駆郎』の連載がスタート。第一次ミニ四駆ブームが巻き起こる。

・1988年

「第1回ミニ四駆日本選手権(現ジャパンカップ)」開幕

「第1回ミニ四駆日本選手権(現ジャパンカップ)」開幕。全16会場、累計5万600人を動員する。

・1994年

こしたてつひろ氏作のミニ四駆漫画『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』が月刊コロコロコミックで連載開始。フルカウルミニ四駆シリーズ発売とともに、第二次ミニ四駆ブームが幕を開ける。

・1987年

シリーズ累計出荷台数1億台を突破!

・1999年

全14会場にて「ジャパンカップ1999」開催。35,300名を動員した本大会をもって、ジャパンカップは一時休眠となる。

・2005年

3分割式でダブルシャフトモーターを車体中央に搭載するMSシャーシ採用の「ミニ四駆プロ」シリーズが誕生。

次ページ新橋で走らせちゃう?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT