第3次ブーム!「ミニ四駆」が人気再燃のワケ

子ども時代にハマった大人たちも参戦

B:スリックタイヤと肉抜きされたホイール

サーキット走行を前提にスリックタイヤを標準装備。ホーネットJr.時代のスパイクタイヤはもう遠い昔の思い出に……。

スリックタイヤもサーキット走行にはかかせない

C:標準で前後にローラーを搭載

旧来は4つが標準装備だったローラーが、現在ではフロント×2、リア×4の6個セットに。バンパーの形状も進化した。

ローラーはフロント×2、リア×4の6個セットに

スイッチの形状も進化

D:ON/OFFしやすくなった始動スイッチ

2012年登場のMAシャーシからはスイッチの形状も進化。スライド式から、操作性のいいターン式に変更された。

スイッチの形状も進化した

昔、ミニ四駆にはまった人は、いろいろとグレードアップできる大人になった今が本番!最近、熱くなれるものがなかった人は、再び、ミニ四駆を楽しんでみてはいかがですか。

Monomaxの関連記事

【集中連載】今語りたい名車Car No.1BMW i3

アメリカで最もバズった映画!『スーサイド・スクワッド』の見どころを総チェック!

10,000以下でセレクト!プレゼントにすると喜ばれる家電3選
 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT