第3次ブーム!「ミニ四駆」が人気再燃のワケ

子ども時代にハマった大人たちも参戦

ミニ四駆が第3次ブームの兆しを見せている

80年代後半からの『ダッシュ!四駆郎』時代、90年中盤からの『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』時代と、これまで2度のブームを巻き起こしてきたミニ四駆。それが今、第3次ブームの兆しを見せている。

多くの人を夢中にさせたミニ四駆の歴史を振り返り、さらに最近の動向もレポートする。

アジア大陸を巻き込む第3次ミニ四駆ブーム

簡単に組み立てられ、凄味のある音を立てて力強く疾走する。実に簡潔明瞭。加えてスピードを競う面白さも、ドレスアップに没頭する楽しさもある。

90年代に日本中の少年を熱狂させたミニ四駆は、99年を最後に公式大会のジャパンカップが休止。これを機に鎮静化していったミニ四駆熱だが、実はいま、第3次ブームの兆しを見せている。その象徴となるのが、13年ぶりとなったジャパンカップの復活だ。

「2005年に新シャーシを発売した際、大人も出場できる大会を開催したところ、元レーサーたちの間で話題に。そこで久々にジャパンカップもやろうか?と。この流れにSNSが拍車をかけているという感じですね」(タミヤ広報の村田拓さん)

現在、新橋のオフィシャルショップでは、現行品のミニ四駆すべてと200種類以上のパーツを用意。第1次・第2次世代に加え連日海外からも熱烈なファンが詰めかけているという。「子供時代に負けたのはお小遣い不足が原因!というノリで、憧れの改造パーツを大人の財力でどんどん投入する方も多いですね(笑)。でも、その夢のマシンで勝負しても、たいてい負けちゃうんです。新たな改造パーツの活用テクも多彩にあるし、セッティングのトレンドも日々変わっていますからね。そうしたものが見えてくると、今度は大人目線でマシン作りを追求したくなってきて、改めてハマってしまうようです。

次ページミニ四駆の歴史を振り返る!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT