第3次ブーム!「ミニ四駆」が人気再燃のワケ

子ども時代にハマった大人たちも参戦

・2012年

ARシャーシを採用した「ミニ四駆REV」シリーズを発表。定価900円。第3次ブームとも呼べる盛り上がりを受け、およそ13年ぶりに「ジャパンカップ」が開幕!

購入はもちろん、レースまで楽しめる場所があった!

当記事は「MonoMax」提供記事です

JR新橋駅・烏森口より徒歩8分。タミヤのオフィシャルショップ「タミヤ プラモデルファクトリー 新橋店」地下1階に、ミニ四駆の全アイテムを揃えるコーナーがある。

1000円以上のレシートを提示すれば、当日購入したマシンでも2階「モデラーズスクエア」で組み立て可能。室内に設置された大型サーキットでの走行も楽しめる。平日は22時までオープンしているので、仕事帰りの社交場として利用するのも◎。

室内に設置された大型サーキットでの走行も楽しめる
タミヤ プラモデルファクトリー 新橋店
住所:〒105-0004 東京都港区新橋4-7-2 6東洋海事ビル
電話番号:03-6809-1175
営業時間:12:00~22:00(平日)、10:00~18:00(土・日・祝日)

現代のミニ四駆はこんな進化を遂げていた

1/32 ミニ四駆PROシリーズ No.43 ライズエンペラー(MAシャーシ)

1/32 ミニ四駆PROシリーズ No.43 ライズエンペラー(MAシャーシ) (1000円)は、「コロコロアニキ」(小学館)連載中のミニ四駆マンガ『ハイパーダッシュ!四駆郎』を描く、武井宏之先生デザインの新生ダッシュマシン。ディテールには初代の面影が!全長156mm。 

A:ダブルシャフトモーターを車体真ん中に配置

ダブルシャフト仕様のモーターを中央に据えた「ミッドシップ」シャーシも人気。走行安定性に加えて、駆動効率も高めている。

モーターを中央に据えた「ミッドシップ」シャーシも人気
次ページスパイクタイヤは遠い昔の思い出に
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT