世界の企業が、メキシコを好む本当の理由

盛りだくさんの会社行事が生む、強固な結束力

――メキシコは、以前はこんなに貿易にオープンではなかったと聞きます。日本もこれからオープンにならざるを得ないと思うのですが、メキシコはどうしてオープンになったのですか?

ゴンザレスさん:NAFTA(ナフタ/北米自由貿易協定)という貿易協定を結んでから成果が上がり、次に何をするべきか考え、行動を起こし続けた結果そうなりました。

大野さん:そういえば、メキシコは中米と思われがちなのですが、実は北米なのです。NAFTAに入っていることからも分かります。

――進出先としてメキシコが注目されている反面、治安の不安があるとよく聞きますが、どうでしょうか?

カメタさん:よく日本で報道されている麻薬の問題は、北の国境のあたりの話です。アメリカからラテンアメリカへのルートになってしまっているのです。ただ、それも警察と麻薬組織の争いなので、一般の人が巻き込まれたケースは今までありません。中部の治安はいいですよ。

ただ、もちろん最低限の注意は必要です。大使館などが注意を呼びかけるのは、日本人の意識が低すぎるからなのです。平気でパソコンを手にもって歩いているのを見ると、びっくりします。

大野さん:ついこの間も中部の方に行ってきましたが、メキシコシティでも場所さえ気をつけていれば、夜に1人で歩いても平気でした。正直なところ、10数年前に行った時は危ないと感じたのですが、経済状況がよくなってきていることもあり、今は女性が1人で歩いているのも普通です。

実際に現地に行けば、大丈夫だとわかってもらえると思うのですが、メディアでは国境付近の一部のみが取り上げられています。

カメタさん:日本の5倍の面積がある国です。場所によって状況もさまざまです。企業が進出する際も、ビジネスによって強い地域が異なるので、しっかりリサーチして行ったほうがいいですね。

(撮影:今井康一)


 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT