”年収5億円”よりも、私が欲しいもの

フランスINSEAD突撃取材(下)

ムーギー:あなたはいま非常にいいことを言った。必ずや私の親愛なる東洋経済の読者の皆様に伝えよう。

せっかくのスキー場からの帰りのドライブ中に、しかも天気もよくすこぶるご機嫌な音楽が流れているのに、センシティブな質問第2弾で申し訳ないが、イスラエルがパレスチナに侵攻してきたとき、レバノンのムスリムはパレスチナ人を受け入れることを選び、クリスチャンがそれに反対したため内戦が起こったと聞いたが、これは本当か。あなたは隣人のパレスチナ人が困っているのに、彼らへの支援を反対するグループにいたのか。

シリル:ジョーがそう言ったのは知っているが事実は少し違う。

まず、イスラエルがパレスチナに侵攻してパレスチナ難民が押し寄せてきたのは本当だ。しかし誰も困っている人を国から追い出したいなどとは思わない。ただ彼らがレバノンを拠点にイスラエルと戦争をした。またレバノン国内のクリスチャンを誘拐したりしたので、国内のクリスチャンが怒った。他国と武力で戦うのはクリスチャンの教義に反するので、(クリスチャンはパレスチナ難民の受け入れに)反対したのだ。

ムーギー:それは驚きのコメントだ。過去の戦争の多くはクリスチャンによって引き起こされている。

シリル:私はレバノンのクリスチャンのことを言っている。私たちは武力での戦争を望まないし、他国との戦争に加担することは教義に反している。

しかし私はこの話を皆さんに伝えたい。実は、私の母は20才の頃、車を運転していたときにパレスチナ人から誘拐されそうになった。しかしそのとき、危険を顧みずに車に飛び込んできて救ってくれたのはムスリム人男性で、母はその人の名前を30年近く経った今でも覚えている。同じことはどの宗教にも言えて、クリスチャンだろうがムスリムだろうが、いい人もいれば悪い人もいる。私はクリスチャンだが親友はムスリムだ。

どこの国にも戦争することばかり考えている、国粋的でナチスみたいな極右の愚か者がいる。しかしナチスドイツ下でも戦争に反対していたドイツ人もいた。正しい人が少数派であることはしばしばあるが、好戦的な愚か者に扇動されないことが大切だ。

私たちは長年の内戦を経て、違いを受け入れて尊敬しあう大切さを学んだ。また実際に、それしか生きる道がないことも学んだ。

次ページ何が起きても食える準備
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 最新の週刊東洋経済
  • 本当は怖い住宅購入
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
熱狂は終わるか<br>IPO総点検

ベンチャー投資の活況が続く中、2019年は86社が新規株式公開(IPO)を果たしました。ただ、秋から公募割れが頻発するなど変調も見えます。市場で起こっている実態に迫りました。若手起業家が選んだ「すごい投資家」ランキングも掲載。