9月入学は、日本の大学システム変革の一歩

立命館大学・川口清史総長インタビュー

9月入学生の実施は、近代教育の転換点

――国際関係学部と、大学院ですでに9月入学が始まっています。

いま、日本で提議されている秋入学は、4月から9月入学へと、単純に動かすこととと思われているようだが、実は違う。これは大学のシステムを大きく変えていくことだ。学年制、セメスター制、クオーター制でも大きく変わるし、授業の進め方、単位の取り方学生の取り方も変わってくる。

本学では、2011年度から国際関係学部でも秋入学を実施している。9月入学にすることで、選択肢が増えより多様な学び方ができることが大事だと考えている。今後は、学部の教学に合わせた形で、必要とあれば学部ごとに導入を検討していくことになる。

高校との接続にも選択肢が増えるだろう。たとえば、立命館大学には4つの附属高校があり、毎年1000人ほどがそこから入学する。一つの例だが、そのような生徒は高校3年生の秋から1年間海外留学して語学などを学び、帰国して9月から入学する、といったカリキュラムも考えられる。

多様化する世界のなかで、これまでのキャッチアップ型の教育、知識伝達式の授業では不十分だ。まさに近代教育の転換点に来ており、自発的に自分で動くことができる人材が求められている。立命館大学は、そのような人材をいかに育成していくかを、常に考えている。

(撮影:梅谷 秀司)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT