部下を食事に誘うための「完璧マニュアル」

上司が陥りがちな失敗パターンを知っておく

昔は仕事帰りに一杯、という「飲みニケーション」の文化があったので、部下や上司と飲みに行く、あるいは食事に行くことも珍しいことではありませんでした。誘われたら当たり前のように出かけたし、誘うほうも躊躇せず誘っていました。ところが、今はオンとオフを分けようとする風潮があるので、お互い誘いにくい世の中になってきています。

「話をするのにごはんを食べる必要はない」と思う人もいるかもしれません。職場の人とお互い気を遣ってごはんを食べるより、プライベートで気の合う友達と過ごしたほうが格段ラクなのかもしれません。けれども実は社内の食事こそ、人間関係を良くさせる近道なのです。

上司が部下を食事に誘う際、忘れてはいけないのは、誘う理由に軽く触れておくことです。唐突に誘っても不信感を抱かせてしまいます。「なんだろう、怒られるのかな、行くの嫌だな、億劫だな」と相手を萎縮させてしまう可能性もあります。「最近元気なさそうだけど大丈夫、たまにはおいしいごはんでも食べに行かない?」とか「この間の⚫️⚫️の件、大丈夫?対策を話し合おう」などと言っておくとよいでしょう。そうすると相手にも心の準備が出来るのです。

部下はいつも行く店に行きたくない

日にちが決まったら、場所を予約します。「社内の人間なんだから近場で大丈夫、適当に見つけよう」と思いがちです。ところが、きちんと場所を考えて予約をすると、それだけで誘われたほうは「わざわざ予約をしてくれたんだ」とありがたく思うものなのです。私もその昔、上司に食事に誘われ、あらかじめ指定された日に「ふぐ」をご馳走していただいたことがあります。「ふぐ」をご馳走になることも感激したのですが、上司にきちんと対応してもらえたことが嬉しく感じて、心に残る食事になりました。

場所を選ぶ時には、部下に「いつもどういうお店に行っているの?好きな店を予約しておいてよ」などと言わないでください。相手はいつも行くような店に上司と行きたくないのです。接待で使うような格式のあるお店でなくてもよいですが、少し高級感のある落ち着いたお店がお薦めです。うっかり部下のなじみのお店に行ってしまったら、そこにはほかの社員もいるかもしれません。「あれ、今日はどうしたの」などと言われようものなら、話に集中できずに終わってしまいます。

自分にとっても初めてのお店は、勝手がわからず困ることも多いので、こういうときは特に行かないようにしてくださいね。緊張するような肩肘張るようなお店である必要はありません。居酒屋とかチェーンのお店は大勢ならば楽しいのですが、ふたりでじっくり話したいときには、落ち着いた静かな雰囲気のお店がよいでしょう。

次ページ余計なせんさくをされないために
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT