部下との食事はカウンターのある店がいい

乾杯してすぐ堅苦しい話をするのは興ざめ

部下と食事をする際に気をつけたいこととは?(写真 :わたなべ りょう / PIXTA)

部下を食事に誘うメリットや方法は前回のコラム(「部下を食事に誘うための『完璧マニュアル』」)でも書きました。今回はさらに踏み込んで、配慮すべきポイントを説明します。

いざ、改まって食事に行こうとすると、お店選びや当日の会話のことを考えて、困りませんか? お店は、出来れば自分の行きつけの場所を選ぶのが望ましいです。そういったお店がなければ、過去に数度行ったことがある、どんな料理が美味しいのか、値段はどのくらいかなどもわかっているお店を選ぶと安心です。

テーブル席は気詰まりになることがある

この連載の記事はこちら

私が20代の頃、当時の上司と食事をする場面がありました。たまたま出先でその上司と一緒に歩いていたときのことです。二人ともよく知らない土地だったので、行き当たりばったりで、近くの蕎麦屋に入りました。ところがそのお店、カジュアルなお店だと思っていたら、とても格式のある蕎麦会席のお店だったのです。席に着いてメニューを渡されると、そこには高額なコースが並んでいました。私は「どうしよう」と思いつつ、何も言いだせませんでした。上司も困惑している様子がわかりました。お店の人がお茶を持ってきてくれたときに、上司が「出よう」と言ってそのまま二人でお店を出たのです。

すぐに近くの別のお店に入りましたが、そのときのバツの悪い思いは今でも忘れられません。このときは、事前に約束していなかったし、その辺りを二人ともまったく知らなかったことが原因でした。自分が知らないお店に行くと、こういうことが起こるので恐いですね。店に入ってからの肝心の話も、盛り上がらなくなってしまいます。

できれば、カウンターがあるお店を選びましょう。カウンターは椅子が硬くて、高くて、座りにくい、と敬遠している人も多いかもしれません。けれども、ほとんど二人で出掛けたことがない部下と、テーブル席で向き合うのは、お互い気詰まりなこともあるでしょう。それよりも、前を向いて座っていられるカウンターは、直接お互いの顔を見なくて良いので話がしやすいのです。オープンキッチンになっていたら、そこで料理人の方と会話も出来ます。話題に困っても料理のことを話していれば良いので、会話が盛り上がらないときは、逃げ道になります。

次ページ好きなものを頼んでいいよ……
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT