女性との会食で「どれにする?」と聞かないで

いちばん安いコースを選ぶのは避けましょう

予算とコースをあらかじめ決めておけば、会食相手がメニューを選ぶとき心理的な負担を感じないで済む(写真:Syda Productions/PIXTA)

「一億総活躍」とまではいかないまでも、女性が多く社会に進出しています。みなさんの社内でも女正社員が活躍しているでしょうし、当然、仕事先のお相手が「女性」ということも多くなってきています。

打ち合わせの延長で、あるいは、たまには仕事以外のことも話したいと思ったとき。なかなか「ディナーに行きませんか」とは誘いにくいものです。でも「ランチ」だったらどうでしょう。ディナーと違ってフランクに誘いやすいのではないでしょうか。1対1だったとしても、構えることなく誘えますしね。

でも、ランチだからといって何も考えなくてよいわけではありません。会食がディナーではなくランチの場合でも、行き当たりばったりのカジュアルなお店ではなく、お相手の女性が好みそうなお店をセレクトしましょう。ぴったりなお店が見つかったらちゃんと予約をします、お相手に場所を伝えて当日を迎えます。ここまでの段取りは大丈夫ですよね。

男性がうっかり言ってしまう、このフレーズ

そしていざ、お店に着いて、二人でテーブルに座ります。お店の人からメニューを差し出されて、メニューを見ます。コース料理しかないイタリアンのお店だとします。そのメニューには2500円、3800円、5000円の料理が並んでいます。そこで、男性が気を遣って、うっかり言ってしまうフレーズがコレです。

「どれにするか決まりましたか?」

それは恐らく「どのコースにしてくれてもいいですよ、好きなものを頼んでください」という独特の気遣いからなのでしょう。お相手はたくさん食べたいかもしれないし、もしかしたらダイエットをしているかもしれない。少食なのかもしれない。何を食べたいのかもわからないから、相手に決めてもらうのがいちばんいい、と思ってのことでしょう。事実、私がランチをご一緒した方の中で、このフレーズを口にした方がすごく多かったのです。

でも実際そう言われたら、ほとんどの女性は2500円(もちろん値段は言いませんが)のものを指して、「このコースにします」と言ってしまいます。なぜだと思いますか。

次ページ合わせるの?合わせないの?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT