接待の席でいきなり「恋バナ」はダメですよ!

それで自分が得をすることはないのです

3対3で会食というシチュエーションはよくあるもの。カジュアルになってきたとはいえ、ビジネスの意味合いもある接待。どうせなら、仕事ができる人という印象を残したいですよね(写真:goinyk/PIXTA)

今は仕事の「接待」といっても昔と違い、フランクな会が多いですよね。使える経費も限られていることも多いですし。でもまったくなくなったわけではありません。厳選された「貴重な会」なのですから、だからこそ有意義なものにしたいです。よくあるケースが、お相手が3人でこちらも3人、計6人の食事会。取引先の担当者とその上司と部下、こちらも自分の上司に部下、こういうシチュエーション、よくありますよね。

場所をお知らせして当日を迎えます。人数もそろったところで乾杯! 
最初は他愛もない会話から始まります。いくら「接待」といっても、いきなり仕事の案件を持ち出したらお相手も引いてしまうかもしれません。まずは天候の話や最近のニュース、それぞれの近況、といった感じですね。これも食事をするのが初めてのお相手だと、多少ギクシャクしてしまいます。

うっかり話してしまいがちな「恋バナ」

この連載の過去記事はこちら

みんなが「し〜ん」として黙ってしまうことなく、「口火を切る」「会話が途切れそうになったら次の話題へとつないでいく」ということを心掛けましょう。といっても自分が会話の主導権を持ってだらだら話し続ける、ということではありません。お相手が話しやすいように会話の流れを誘導していくのです。

お料理も始まって、お酒も進んできたら会話は勝手に進んでいくので、あとは流れに任せるのがよいでしょう。こういうときはいろいろな話題が出ますよね。趣味の話とか仕事の失敗談〜と、いつもは難しい顔をしている取引先もぐっと砕けた様子になるものです。

次ページ突然彼女の話を切り出した
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT