接待の席でいきなり「恋バナ」はダメですよ!

それで自分が得をすることはないのです

先ほどのアシスタントの男性にしても、金融の男性たちにしても、「オン」と「オフ」をすごく分けているのでしょう。いわゆる中間というものがないのかもしれません。仕事と思ったら仕事ばかりでガチガチになり、カジュアルでいいのかもと思ったらすごくカジュアルになるのです。はっきり分けすぎているのかもしれません。仕事相手と、仕事オンリーではなく徐々に距離を縮めていく、そのやり方がわからないのでしょう。

プライベートな話は段階を踏んでから

書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

「仕事相手と恋バナ」をしてはいけないのではありません。仕事相手と何度か食事を重ねるうちに「たまにはふたりで行きましょう」というタイミングは必ず来ます。そしてその時にプライベートな話を出してみるのです。それも相手とタイミングを見ながらが大事です。

まだ自分の「仕事人」としてのキャラが相手にちゃんと伝わっていないときに、いきなりそこを飛ばして個人的な話に持っていくものではありません。私がプライベートで仲良くしている友人は、ほとんど仕事がきっかけです。何年も付き合ううちになんでも話せるようになった人がたくさんいます。でも段階を踏まずにいきなりそこに行くのは危険なのです。

仕事相手との食事会はお互いの関係を一歩深められる大事な場面です。普段は仕事ばかりだけれど「こういう面もあるのね」と自分をアピールできるのです。だからこそ、まだ自分自身が伝わっていないうちに、いきなり「恋バナ」を話すことはやめておきましょう。最初に「軽い人」と思われてしまうのはとても残念です。和気あいあいと楽しい食事会、つい「なんでもあり!」と思いがちですが、自分の立ち居振る舞いで、相手にどう思われるかが決まってしまうのです。

うっかり話してないですか? 気をつけてくださいね。 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT