「飲み会の遅刻」、米国では最悪のマナー違反

「ちょっと仕事が長引いて」は通用しない

「仕事の都合」は、飲み会に遅刻する言い訳にはなりません(写真:Kzenon / PIXTA)
海外の人とのビジネスなどでの社交の際に、どうしたらよいか、戸惑うことはありませんか? 本連載では、カリスマ・マナー講師とハリウッド女優が上梓した『世界標準のビジネスマナー』の解説者が、同書の内容や関連するトピックから、ビジネスパーソンの皆さまに役立つ話題をお届けします。

 

米国のカリスマ・マナー講師とその孫であるハリウッド女優が、世界で行われている必要最低限のマナーを豊富なイラストを用いて解説(上の画像をクリックするとAmazonの購入画面にジャンプします)

米国のビジネスパーソンが、私たちと比べて、社交の場での振る舞いが洗練されているように見える裏側では、かなり多くの人たちが試行錯誤し、マニュアル的な本で武装しています。

第1回目はパーティの場面を中心に、恥ずかしがらずに堂々と振る舞うことの大切さを、第2回目はパーティに関連して、米国人のお酒の飲み方、付き合い方についてお話ししました。年末年始でパーティなどが多く行われるこの時期、ぜひご参考にしていただければ幸いです。

今回は、時間についての日本人と米国人との違いを紹介します。

私は米国で働いていたのですが、終業時間から30分経つと、私が所属する組織のオフィスにはほとんど人がいなくなります。終業時間どころか、その1時間ぐらい前から、スタッフたちはオフィスを後にします。

次ページ残業は「申し訳ない」こと
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT