知らないと恥をかく!米国式「お酒」のマナー

「どんな白が好きですか」と聞かれたら?

日本と同じ感覚で「お酒」の席に臨むと、取り返しのつかないことになるかもしれません(写真 : wavebreakmedia/PIXTA)
海外の人とのビジネスなどでの社交の際に、どうしたらよいか、戸惑うことはありませんか? 本連載では、カリスマ・マナー講師とハリウッド女優が上梓した『世界標準のビジネスマナー』の解説者が、同書の内容や関連するトピックから、ビジネスパーソンの皆さまに役立つ話題をお届けします。

 

米国のビジネスパーソンが、私たちと比べて、社交の場での振る舞いが洗練されているように見える裏側では、かなり多くの人たちが試行錯誤し、マニュアル的な本で武装しています。

前回は、パーティの場面を中心に、恥ずかしがらずに堂々と振る舞うことの大切さをお話しました。第2回目は、パーティに関連して、米国人のお酒の飲み方、付き合い方について紹介します。

平日の夜はハッピーアワーまで

米国のカリスマ・マナー講師とその孫であるハリウッド女優が、あいさつからモバイルツールでのやり取りまで、世界で行われている必要最低限のマナーを豊富なイラストを用いて解説。米国の大学生もこっそりと読んでいます。外国人とのビジネスシーンの直前の一夜漬け用としてもおすすめ(上の画像をクリックするとAmazonの購入画面にジャンプします)

日本人は、アルコールの分解酵素が欧米人よりも少ないと言われています。しかし、私が米国の組織で働いた経験から感じることは、もし、米国人よりも日本人のほうがアルコールによる疾病が多いとしたら、それは体質(肝機能)の問題ではなく、飲む量の問題なのではないかと思っています。

なぜなら米国人は、月曜から木曜までの夜、ほとんど外食しないからです。米国では夫婦で子どもの世話をするので、家族を持つ人にとって平日の夜は家族のための時間であることは、日本でもすでに知られているとおりです。

しかし、シングルの男性も女性も、平日の夜に友達とご飯を食べに行くことはありません。せいぜいハッピーアワーでグラス1杯か2杯のビールを飲む程度です。

ハッピーアワーは、17~19時くらいの来店客にビールやワインの値段を割り引くサービスで、日本でもこうした飲食店が増えていることはご存じのとおりです。

米国の平日では、ハッピーアワーに頼んだお酒がなくなると、みんな帰っていきます。平日の夜のレストランのテーブル席は、ビジネスにかかわる会食のお客さんがほとんどです。

次ページ米国では「○○友」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。