2030年 あなたの仕事がなくなる

将来、あなたを襲う危機

会計事務職・31万人が5年間で「消えた」

米経済学者らが書いた『機械との競争』(エリック・ブリニョルフソン、アンドリュー・マカフィー共著)が米国で論争の的となっている。コンピュータ技術の加速度的な向上が人間にしかできない仕事を大きく侵食し始めたと警告しているからだ。

日本でも2000年からの5年間で、事務用機器操作員5割、会計事務員1割、商品販売外交員1割と高い就業者減少比率が見られた。実数ベースで最大の減少となった会計事務員では、実に31万人もの職が“消えている”。これらの中間所得層の消滅は会計ソフトウエアやネット販売の普及と無関係であるまい。(下表参照)

『機械との競争』によれば、コンピュータ技術やロボットの飛躍的な発展が促すのは、雇用の二極化だ。コンピュータやロボットにも苦手な仕事があり、その一つが今までにないビジネスを創ったり、感動的な音楽や文学を生み出したりするような直感的で創造的な仕事だという。

次ページわれわれはどうしたらよいのか。
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。