その「ささいな不調」、実は食中毒の症状かも

急な腹痛、下痢、嘔吐、発熱…だけじゃない!

持参のお弁当やコンビニ飯でオフィスランチという方も、食中毒には要注意(写真:kaka / PIXTA)

8月に入り、いよいよ夏本番。この時期、熱中症対策とともに必ず気を付けたいのが「食中毒」です。昨年度の政府の統計では、夏の食中毒の発生は6~8月にかけてが最多。場所・施設別では、飲食店での発生が過半数を占めていますが、オフィスなどでの例も報告されています。

オフィス内で日常的に取っている何気ない行動が、食中毒を引き起こす原因になっている……なんてことも考えられます。覚えておくと便利な予防法・予防食材とともに見ていきましょう!

ちょっとした体調不良程度の場合も

この連載の記事一覧はこちら

食中毒は、風邪などのウイルス同様、目に見えない細菌が食品を通して体内に入ることで、中毒症状を起こる現象です。急な腹痛、下痢、嘔吐、発熱など、わかりやすい症状のものもありますが、意識がボーっとする、息苦しい、胸やけがするなど、ちょっとした体調不良程度の場合もあります。

細菌によっては潜伏期間を経てから災いをもたらすものもあるので、注意が必要です。もし「食中毒かな?」と思ったら、下痢止めなどはできる限り服用せず、有毒物質を体外に出し、早めに医療機関へ行きましょう。

夏の食中毒の原因菌には、発症率ナンバーワン・肉類に多い「カンピロバクター」、卵や鶏肉に多い「サルモネラ菌」、私たちの手にいる常在菌でもある「黄色ブドウ球菌」、そして魚介類に多い「腸炎ビブリオ」などがあります。

次ページ持参したお弁当、常温放置にご用心…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT