エリートたちのキャリア・恋愛事情<最終章>

インドで悟った真実の愛

私が開いた悟り——ガンジス川で形を失う瞬間に

そんな悩みから救いを求め、今から2600年前、御釈迦様は悟りを開くために旅立たれたわけであるが、その2600年後、シンガポールはマリーナベイ・エリアから、一人の太っちょコラムニストがガンジス川で涅槃に入った。

私はある日、ガンジス川のほとり、マクニカガートで燃え行く遺体を見ていた。燃え上がる炎、薪を運ぶ火葬場のおじさん、鈴を打ち鳴らし祈る人々。

目の前に積み上げられた薪の上で、約3時間をかけて一人のおじさんが形を失っていく。

燃え盛る炎の中、男性の胸が燃えているとき、私はこの人の胸に何が残っているだろうと考えた。そして数十年後、同じく自分が形を失い灰になる瞬間、最後に何を思いたいかを想像したのである。 

その瞬間、頭をよぎったのは、やはり悔いなく人生を生きた充実感、自分ならではの貢献を思う存分果たした達成感、そして愛する人に献身し、愛された幸福感といった、極めて基本的な事柄である。

エクセルの打ち込みを間違えなかった達成感、2メガバイトのモデルを作り上げた充実感、ボーナスレビューで上司に愛された幸福感よりもっと重要なものが、短い人生には確かに存在する。

この最終的な瞬間に比べ、日々の選択がどんな位置づけなのか、毎日の意義について考えることが肝心である。

世界には長期的な生き方への納得感を、“神”ないし“選択肢の不在”から与えられ、惑わず生きられる人たちがいる。

しかし無宗教なうえ、選択肢の豊富な資本主義エリートたちは、長期的な人生哲学を自ら形成しなければ、短期的な“人生の売買判断”に失敗を繰り返すのだ。

次ページインドのソナタは30年越し
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT