就職人気ベスト100、三菱東京UFJが連覇

14年卒の学生が選ぶ人気企業ベスト100

時価総額首位のトヨタは87位

金融が躍進の一方で、人気低迷に拍車がかかったのが、メーカーだ。特に国際競争力の高い自動車各社が軒並み低調だった。時価総額国内トップのトヨタ自動車が前年の67位から、87位へとさらにランクを落とした。全体数の多い文系からの不支持(204位)が響いた。自動車では富士重工業(スバル)が84位と健闘したが、前年50位のホンダがタイの洪水が打撃となったのか、まさかの100位圏外となってしまった。

ちなみに、足元の時価総額をみると、1位トヨタ自動車、2位三菱UFJ、3位ホンダ、4位NTTドコモ、5位JT、6位NTT、7位三井住友FG、8位キヤノン、9位みずほFG、10位日産自動車となっている。これにソフトバンク、武田薬品、ファナックが続いている。

次ページ10年でみる躍進と凋落
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。