就職人気ベスト100、三菱東京UFJが連覇

14年卒の学生が選ぶ人気企業ベスト100

最高益更新でもベスト10遠い商社

59位と60位に並んだのが、三井物産と住友商事の大手商社だ。資源価格の上昇にも助けられ、ともに前期に過去最高益を果たした。それでも代表的な商社が、この位置にとどまっているのは意外だ。商社で一番人気は、12位の丸紅。次いで30位の伊藤忠、47位に三菱商事が入ったが、ベスト10には食い込めなかった。

スマホ普及でユーザーの通信使用量が急増し、業績好調の通信業界も、意外な不人気ぶりとなった。アイフォーン導入で勝ち組となっているKDDI、ソフトバンクはともに100位圏外となってしまった。足元の負けっぷりが著しいとはいえ、ダントツの契約数を誇るNTTドコモが66位と何とか面目を保った格好だ。

次ページトヨタは時価総額首位でも87位
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。