米でも麺でもない、中州が誇る「伝説のシメ」

中高年の心と体を癒やす「おふくろの味」

水面に映える福岡市・中洲のネオン
当記事はqBiz 西日本新聞経済電子版の提供記事です

ススキノ(札幌市)、歌舞伎町(東京・新宿)と並ぶ、日本三大歓楽街の一つが、福岡市・中洲だ。那珂川と博多川に挟まれたまさに「中州」には、2600軒ものスナックやクラブがひしめき、水面に映るネオンが男心を誘う。

飲み会のフィナーレを飾るのが「シメ」だ。ラーメン、ギョーザ、うどんが「定番」(地元会社員)とはいえ、中高年の胃には「重い」時が。グルメもひしめく中洲には、地元通のシメがある。男が作る、おふくろの味だ。

那珂川沿いの横町、人形小路に入ると…

心も温まる「田」のみそ汁(玉葱とうずらの玉子)

おわんのふたを開けると、もわっと湯気が広がった。

一杯のみそ汁。

「豆腐と油揚げ」「あらかぶ」など15種類のうち、最も人気の「玉葱とうずらの玉子」(税別350円)を頼んだ。

一口含んだ。熱っ。みそもだしもほどよく、互いの個性を尊重し合って、バランスがいい。タマネギはシャキッとした食感が残る。二つ浮かんだウズラの生卵が、余熱で固まっていく。

ここは那珂川沿いの横町、人形小路。軒を接する料理屋の一角に「味噌汁 田(でん)」はある。

次ページ関東や関西からも人がやってくる理由
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT