フィリピン「親中大統領」は、害悪をバラ撒く

日本にとっても深刻な問題になりかねない

かつて米国は、フィリピンにおいて空軍のクラーク基地と海軍のスービック基地を使用しており、ベトナム戦争時、これらの基地は重要な役割を果たした。

しかし、1991年4月のピナトゥボ火山の大噴火をきっかけに、米国は火山灰で埋まったクラーク空軍基地の放棄を決定する一方、スービック海軍基地については10年間の使用期限延長を要望したが、フィリピン側は拒絶し、両基地は同年11月、正式に返還された。

その後、事態はまた変わってきた。南シナ海の問題が発生するに伴い米軍基地はやはり必要だという考えがフィリピンでも強くなり、親米的な現アキノ政権下で2016年3月、フィリピンの空軍基地5カ所を米軍の拠点とする合意が成立し、それ以来利用開始のための準備が進められていた。海軍基地の利用についても協議が行われる可能性があると言われている。

同岩礁とスービックはたがいに向かい合う形で位置しており、その間の距離は300キロに満たない。中国の艦艇が今も同海域に居座っていること自体、かなり刺激的だろうが、中国が南沙諸島でしたように埋め立て工事や基地建設をすれば、そのインパクトは米国にとっても強烈なものとなるだろう。

日本にとっても深刻な問題になりかねない

ドゥテルテ新大統領は、アキノ大統領の親米路線を否定し、中国との関係も重視したい考えを明確にしている。とはいえ、米国との関係は結局無視できないという厳然たる事実がある。その中で、「中国にもよい顔をする」のは簡単なことでない。

問題はフィリピンの悩みにとどまらない。南シナ海において拡張的行動を続ける中国に対し、米国は関係諸国との連帯を重視し、強化しようとしており、他方、中国も味方を増やそうと懸命になるなど、両国は競い合っている。

このような状況の中で、フィリピンの動向は米中両国の立場に強く影響を及ぼしうる。だからこそ、中国はすでにフィリピンへの働きかけを始めているのだ。米国も自国の利益が損なわれると判断すればフィリピンに強く当たってくる可能性がある。

日本にとっても深刻な問題が起こる可能性がある。中国は南沙諸島における現状を恣意的に変更し、国際法にも違反する疑いの濃い行動を行っているが、同時に、尖閣諸島など日本の領海・接続水域においても挑発的な行動をとっている。これら二つの海域の問題は密接に関連している。つまり、スカボロー礁をめぐる情勢変化はただちに尖閣諸島にも及んでくる。フィリピンの新政権の下で不用意に中国を勢いづかせるようなことがあってはならないのである。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。