EUを抜けても、英国の「外交パワー」は不変だ 外交において英国が誇る絶大な影響力とは?

✎ 1〜 ✎ 35 ✎ 36 ✎ 37 ✎ 最新
拡大
縮小
EU離脱に向けて、イギリスの外交はどう変化するのだろうか?

6月23日、英国で行われた国民投票でEUからの「離脱派」が勝利した。EUはこれまで拡大を続けてきており、離脱した例はない。初めての例となる英国の離脱がどのような結果となって跳ね返ってくるか、その影響は計りしれない。

極めて重要な決定だったが、国民投票の結果は、離脱賛成が51.9%、反対(残留希望)が48.1%という僅差であった。国論が真っ二つに分かれた状態で重大な進路決定が行われたのであり、そんなことでよいのか、自信が持てない人が少なくないらしい。国民投票のやり直しを求める声が上がっている。

EUとの新しい関係を定める交渉が始まる

再投票は行われるか。英国民が決めることだが、それはないと思う。かりに再投票となると、今回の投票で離脱を選んだ人たちは黙っていないだろう。また、再投票などすれば英国民の信用はがた落ちになる。国民投票のやり直し要求は一時の混乱だと思う。

いずれ英国としてはEUに対し正式に離脱表明を行い、そして英国とEUとの新しい関係を定めるための交渉が始められる。

英国の外交はどうなるか。これは日本にも大きくかかわってくることだが、3つの重要なポイントについて解説していきたい。

次ページEUとの関係はどうなるか
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT