EUを抜けても、英国の「外交パワー」は不変だ

外交において英国が誇る絶大な影響力とは?

EU離脱に向けて、イギリスの外交はどう変化するのだろうか?

6月23日、英国で行われた国民投票でEUからの「離脱派」が勝利した。EUはこれまで拡大を続けてきており、離脱した例はない。初めての例となる英国の離脱がどのような結果となって跳ね返ってくるか、その影響は計りしれない。

極めて重要な決定だったが、国民投票の結果は、離脱賛成が51.9%、反対(残留希望)が48.1%という僅差であった。国論が真っ二つに分かれた状態で重大な進路決定が行われたのであり、そんなことでよいのか、自信が持てない人が少なくないらしい。国民投票のやり直しを求める声が上がっている。

EUとの新しい関係を定める交渉が始まる

再投票は行われるか。英国民が決めることだが、それはないと思う。かりに再投票となると、今回の投票で離脱を選んだ人たちは黙っていないだろう。また、再投票などすれば英国民の信用はがた落ちになる。国民投票のやり直し要求は一時の混乱だと思う。

いずれ英国としてはEUに対し正式に離脱表明を行い、そして英国とEUとの新しい関係を定めるための交渉が始められる。

英国の外交はどうなるか。これは日本にも大きくかかわってくることだが、3つの重要なポイントについて解説していきたい。

次ページEUとの関係はどうなるか
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。