EUを抜けても、英国の「外交パワー」は不変だ

外交において英国が誇る絶大な影響力とは?

EU離脱に向けて、イギリスの外交はどう変化するのだろうか?

6月23日、英国で行われた国民投票でEUからの「離脱派」が勝利した。EUはこれまで拡大を続けてきており、離脱した例はない。初めての例となる英国の離脱がどのような結果となって跳ね返ってくるか、その影響は計りしれない。

極めて重要な決定だったが、国民投票の結果は、離脱賛成が51.9%、反対(残留希望)が48.1%という僅差であった。国論が真っ二つに分かれた状態で重大な進路決定が行われたのであり、そんなことでよいのか、自信が持てない人が少なくないらしい。国民投票のやり直しを求める声が上がっている。

EUとの新しい関係を定める交渉が始まる

再投票は行われるか。英国民が決めることだが、それはないと思う。かりに再投票となると、今回の投票で離脱を選んだ人たちは黙っていないだろう。また、再投票などすれば英国民の信用はがた落ちになる。国民投票のやり直し要求は一時の混乱だと思う。

いずれ英国としてはEUに対し正式に離脱表明を行い、そして英国とEUとの新しい関係を定めるための交渉が始められる。

英国の外交はどうなるか。これは日本にも大きくかかわってくることだが、3つの重要なポイントについて解説していきたい。

次ページEUとの関係はどうなるか
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 買わない生活
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT