EU去る英国、足元で直面する3つの「懸念」

トランプ的ポピュリズムに騙された国の将来

英国のEU離脱の裏でまかり通っていた嘘の数々とは? ロンドンで19日撮影(写真: ロイター/Neil Hall)

原文はこちら

6月23日は、欧州連合(EU)を離脱して21世紀の英国を見捨てようというキャンペーンを行った人々にとっては、重要な日だったとされる。少なくともその点に関しては同意できる。「ああ、その日の哀れで悲しかった有様は」とキケロが書いた通りに。

EU離脱の決断を下したのに伴い、英国民の生活は少なくとも今後10年は大きな影響を受けることになる。連合王国が貧しくならず、世界での存在感が下がらないとは、まず想像できない。「独立」に賛成票を入れるよう、けしかけられた人たちは、自由を手にするどころか、職を失ってしまったのに気づいて、失望することになろう。

では、なぜこうなったのか?

離脱派の「嘘」に乗ってしまった

まず、国民投票という制度は、本来は複雑なものを馬鹿馬鹿しいほどに単純化してしまう。英国はEUに加盟しているため国際協力のごたごたに巻き込まれて主権が制限されているとの考えに基づき、一連の偽った主張や公約がなされた。離脱したとしても英国にとって最大の市場である欧州とは有利な通商協定を結ぶことが可能で、移民の数が減り、健康保険などへの予算が増えるとの公約が示されたのだ。

とりわけ言い立てられたのは、英国が一世を風靡するのに必要な創造的バイタリティーを取り戻すことが可能になる、という点だった。

 今後懸念される事柄の1つは、こういった嘘の全てが明らかになるにつれて「離脱」を支持した人々の失望感が広がっていくことだ。有権者は「自分たちの国を取り戻す」と言われたのだが、結果として起こる現実を彼らが好ましく思う事は絶対にないだろう。

悲劇の2番目の理由は、英国の2大政党内部の分裂である。何年もの間、反欧感情が保守党の有力者らを蝕んできた。さらに、党の統制や党に対する忠誠心など、何年も前に吹き飛んでしまった、党員数が徐々に減少していったからだ。労働党内ではさらに悪いことに、労働者が多く住む地域で長年の同党支持者が「離脱」を、強く後押しした。

次ページ投票結果はポピュリズム定着を示した
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT