EU去る英国、足元で直面する3つの「懸念」

トランプ的ポピュリズムに騙された国の将来

国民投票は国家主義政治の復活という結果を生み、結局はいつも人種、移民、陰謀論へと行きつく。われわれ全員が親欧キャンペーンにおいて果たすべき任務は、離脱運動を促進する圧力があったこと、過去に世界中に友人ができて尊敬されるようになった原因となった価値観を捨ててはいないことを強く主張することである。

若い世代は一生悔やむことに

EU離脱を選択した国民投票はある意味、ウィンストン・チャーチルの欧州統合に対する不干渉主義の行き着く先であった。そして彼の、割と有名な格言の1つが思い出される。「政治的な自殺をするのが厄介なのは、それを一生後悔する羽目になるということだ」

実のところ、「離脱」に賛成票を入れた人々の多くがそれを一生後悔することはないのかもしれない。しかし、EU残留賛成が圧倒的だった英国人の若い世代はほぼ確実に、一生悔やむことになるだろう。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT