EUを抜けても、英国の「外交パワー」は不変だ

外交において英国が誇る絶大な影響力とは?

このように欧州と英国の間には切っても切れない関係が残ることを考えれば、国民投票に勝った離脱派が「独立だ」と叫ぶのにどれほどの意味があるか疑問に思えてくる。

第3に、英国は国際社会において強い発言力を持っている。それはGDPが大きいためでなく、コミュニケーション能力に加えて豊かな国際経験とノウハウがあるからだ。

英国の地位と発言力はEUの主要メンバーであることによって支えられ、強化されている面もあるが、英国自身の特質である。

英国が誇る豊かな国際経験は侮れない

これはあまり語られないことだが、歴史的にさまざまな局面で英国はその特質を発揮してきた。米国も英国を頼りにし、たとえば、第二次大戦後のサンフランシスコ平和条約交渉においても、米国は疑問に逢着すれば英国に相談していた。さらに歴史をさかのぼれば、日英同盟時代にも英国はそのような役割を果たしていたと言えるだろう。

話は飛ぶようだが、この関連で最近の英国と中国の接近傾向が注目される。それを象徴的に表していたのが2015年10月の習近平中国主席の英国訪問だった。英国には人権問題などについて中国政府に批判的な意見があるが、英国政府はそれを乗り越え、習近平主席を大歓迎し、習近平主席とキャメロン首相は総額7兆円を超える巨額契約を結ぶことに合意した。

また、アジアインフラ投資銀行についても、米国から慎重に対応するようくぎを刺されたにもかかわらず、英国は習近平主席訪英の約半年前に急きょ参加を表明し、ほかの欧州諸国が雪崩を打って参加する範となった。英国は、新しい刺激の源であり、また、引っ張ってくれるエンジンとして中国経済に頼ったのだ。

一方、中国は、日本と同様、EU市場へ進出するための橋頭保として英国を見ていた可能性もあるが、それだけではなく、英国を中国の理解者として引き寄せる狙いもあったと思われる。南シナ海などで孤立しがちな中国にとって、英国が、中国の行動に賛成しないまでも、一定の理解者となることは大きな意味がある。中国には失礼かもしれないが、中国政府の発表の信頼度は高くないが、英国が発言することは国際的に説得力がある。中国としてはそのようなことも考慮に入れて英国との関係強化に応じたのだと思われる。

もちろん英国の外交姿勢はオセロの石のようにくるりと転換するものでない。英国は最近のG7首脳会議でも、外相会合でもほかの国とともに中国の国際法を無視した恣意的な行動には懸念を表明しており、その姿勢は明確だが、中国がいずれ中国流の要求を強めてくることは不可避だろう。英国が、今後、中国についてどのような発言をするかいっそうの注意が必要だ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。