中国は、南沙紛争で軍事衝突の道を選べない

同床異夢の状況に日本はどう応じるべきか

南沙諸島の領有をめぐる周辺国の争いは、ますます激化している(写真:REUTERS/U.S. Navy/Handout via Reuters)

12月18日、南沙を巡って、アメリカ発の奇妙なニュースが世界を駆け巡った。「B52爆撃機が、誤って中国が支配する領域へ侵入してしまった」というものである。

このニュースをきっかけに、米中の意図せぬ武力衝突の可能性が高まりつつあるのでは?との懸念が広まっている。しかし、その可能性はおそらくそれほど高くはない。この稿では、南沙を巡る情勢を分析すると同時に、日本が取るべき"関与政策"について論じていく。

B52侵入による誤解を避けた米国

報道を総合すると、B52の侵入は、天候不順によって飛行コースの変更を余儀なくされたために発生したもののようだ。その事態に関して、国防総省の報道担当者は、それが意図せざる侵入であること、米軍の飛行計画に合致していないこと、何かの手違いによって発生したことを明らかにした。

明確な遺憾の意の表明こそないが、実に歯切れの悪い声明であり、あたかも米空軍や該当する爆撃機のパイロットが命令違反を犯して領空侵犯でもしたかのように受け取れる。

しかし、米国防省の説明を真に受けるのは難しい。現代の航空機は、GPSのみならず、多様な航法装置の援助を受けて飛行している。軍用機とて例外ではない。コースアウトすることはまずあり得ない。

次ページ何が原因なのか
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。