「猛獣トランブ」は、共和党自身の産物だ

あとは食い尽くされぬよう願うばかり

暴言を続ける「猛獣」のトランプ氏に共和党も乗り始めた? (写真: ロイター/Jonathan Ernst)

原文はこちら

米国大統領選挙の共和党候補指名が確定したドナルド・トランプ氏が5月下旬、再び世間の注目を浴びた。米国民の間で人気の根強いビル・クリントン元大統領を「レイプ犯」と断言し、その政策を次から次へとこき下ろしたのだ。

この緊急特集の一覧はこちら

彼の暴言は止まらない。自身の副大統領候補について「誰でも」構わないと豪語。全米ライフル協会に向けては、民主党候補のヒラリー・クリントン氏が当選したら「凶悪犯を刑務所から出所させるだろう」と語った。さらに厄介な発言もあった。エジプト航空機が地中海で消息を絶った件に関し、確定的な事実が判明する前に独自の結論を述べ、テロに対する米国の「弱腰」を公然と非難したのだ。

「無視するより、乗ったほうがましだ」

トランプ氏の大統領候補指名を阻止しようとする努力が水泡に帰した今、共和党の主流派は、この気まぐれな扇動者が党を乗っ取る現実に折り合いをつけようと動き出している。元共和党上院議員の側近は「猛獣を無視するより、乗ったほうがましだ」と語った。

当初多くの人がこの猛獣を無視し、否定しようとしたが、私自身ははっきりとは否定できなかった。というのも私は、共和党の右傾化に一役買った大衆とエリートの力関係を調査していたからだ。その調査によると、共和党は大富豪の資金提供者と、怒れる移民排斥主義ポピュリストという相いれない二者によって、ちぐはぐな方向に引っ張られており、トランプ型の扇動政治家が党を乗っ取る機が熟していたことが分かった。

実はトランプ人気が高まり始めたのは、バラク・オバマ氏が大統領に就任した頃である。米国憲法では、大統領の要件として米国生まれを要求しているが、オバマ氏は米国生まれではない、とするトランプ氏の主張が注目されたのだ。実際、2011年4月に行われた世論調査では、トランプ氏が12年の共和党大統領候補の人気投票で首位に立った。

次ページトランプ氏支持の中核はブルーカラーではない
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT