「天才」トランプ氏に学ぶ、強い言葉の作り方

言葉を「強く、面白く」する5つのポイント

炎上を繰り返すトランプ氏の「言葉テクニック」とは?(写真:写真:AP/アフロ)
学生時代ずっと国語が赤点だったのに、あの電通にコピーライターとして採用され、今はYahoo!のブランドマネジメント室室長として「言葉」を武器に闘っている内田伸哉氏。
独自の研究で見出したテクニックを『ずるい日本語』(東洋経済新報社)にまとめた筆者に、「誰でも再現可能」な言葉の技術を解説してもらう。
第2回目は「強い言葉のつくり方」。今、世界でいちばん「炎上」していると言っても過言ではないドナルド・トランプ氏の発言から、人の感情を揺さぶる「言葉のテクニック」を分析する。

 

国語万年赤点からコピーライターになった著者の「速く、強く、簡単に伝わる」テクニック

「日本はいざとなれば一瞬で北朝鮮を倒すだろう」。

これは大統領候補であるドナルド・トランプ氏の4月2日、選挙運動で訪れたウィスコンシン州での発言です。この言葉はCNNを通して瞬時に世界に配信され、直後、日本のネット界隈、ニュース界隈でも少し炎上をしました。

トランプ氏の発言は過激で、その強さは一瞬で海を渡ります。ほとんどの政治家の言葉が無視されたり、伝わらなかったりする中、彼の言葉は強く、鋭く、無視できない激しさがあります。その意味で、トランプ氏は強い言葉を作る「天才」かもしれません。

いきなりですが、みなさんは「炎上」をさせたことがあるでしょうか。おそらく多くの人は「炎上はしてはいけないもの」と考えているはずですので、そうそう故意に炎上させたことはないと思います。

しかし、炎上は本当にしてはいけないのでしょうか。

CM好感度調査の解釈でこんな話があります。一番良いのは「好感度が高いCM」、次に良いのは「好感度が低いCM」、一番良くないのは「好感度が普通のCM」と。

次ページ印象に残るには
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。