「天才」トランプ氏に学ぶ、強い言葉の作り方

言葉を「強く、面白く」する5つのポイント

たとえばミシュランはタイヤメーカーですが、「タイヤの理想の使われ方」を大きいスケールでとらえたら車で美味しいお店に行くことだろうと考え、ミシュランガイドが生まれました。

仕事やコミュニケーションで物事を考えるときは、「極端にスケールを大きく」考える癖をつけましょう。そうすることで、現状にとらわれない新しい世界が見えてくる可能性があります。

ポイント5.最も過激なビジョンを述べる

「日本は自分の身は自分で守るべきだ。日本が核兵器を持つほうがいい」。

日本の核保有を示唆したトランプ氏のこの発言は、アメリカ国内も日本もざわつかせ、一時期ニュースになる程の影響を見せました。のちにアメリカ政府から「日本の核保有を容認するものではない」というコメントが出たほどです。

トランプ氏はこの発言の際「米国は財政赤字を抱え、他国を守る余裕がない。日米安保は負担だ」とも述べました。このように「自己中心的な理想像」の発言は多くの敵をつくると同時に、多くの味方をも生み出すのです。

「炎上上等」で考えてからクールダウンさせる

以上、コミュニケーションを過激にして印象に残す5つの方法、いかがでしたでしょうか。

本記事は決して、トランプ氏の発言を肯定するものではありません。しかし、炎上させるくらい過激に考えるということは、脳のリミッターを外すという点においては非常に重要です。

炎上を恐れずに考えてみて、そこからクールダウンさせれば、ちょうど良い塩梅のインパクトのある言葉を見つけることができるはずです。自分の文章やコミュニケーションが「何か普通だな、真面目だな、つまらないな」という壁に突きあたったら、ぜひトライしてみてください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT