就活生が不満爆発!「トンデモ面接」の8実態

「礼儀知らず」「常識はずれ」はむしろ企業側

4.圧迫面接、高圧的な態度

いまどき圧迫面接ははやらないが、それでもネガティブな意見で最も多かったのが圧迫面接だった。企業が意図してやっているケース、単にその面接官だけのケース、また学生が意識しすぎてそうコメントするケースが入り混じっていると思われるが、そうした印象を学生に残すことは決してプラスにならない。

・「とにかく圧迫だった。隣の人は泣いていた」(証券)
・「面接の間一度も顔をあげてもらえず、顔を見てもらえない圧迫面接だった」(食品)
・「聞く姿勢が最悪。足の裏を見せながら話を聞くなど、とてもちゃんと話を聞いているようには見えず、話す気力も失せた」(生命保険)
・「とにかく全否定。あなたの考えが甘い、自己分析しなさすぎなど、話を聞いてもらえる環境ではなかった。否定されに面接に行ったように感じました」(家具、生活用品)
・「面接官の対応が若手であるにもかかわらず非常に高圧的で、入社したらこんな人が周りにいるところでは働きたくないと思い辞退した」(量販店)
・「人事部長との面接が非常に嫌だった。1対1だったが、暑い中ひたすら圧迫面接をさせられた。家族構成や実家の家賃や離れて暮らす父のことまで根掘り葉掘り聞かれて非常に不愉快だった。思い出したくもない」(不動産)

 

無礼な態度の面接官が少なくない

5.礼儀知らずはむしろ企業側?

「礼儀知らず」に対する指摘は、企業側からよりも、実は学生側から企業に対して指摘する方が圧倒的に多い。学生は少なくとも評価される立場だから礼儀正しくしようとするが、企業側の、特に人事部以外の一般社員は、意識しないと無礼な態度が出てしまうケースが多いので、気をつけたいところだ。

・「終始、机に肘を置き、ダルそうに対応された。こんなところで誰が働くかよと思った」(人材ビジネス)
・「あくびをずっとしていて、なんども腕時計を見る仕草があり退屈そうだった」(医療法人)
次ページスマホをいじる面接官
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT