就活生が不満爆発!「トンデモ面接」の8実態

「礼儀知らず」「常識はずれ」はむしろ企業側

・「選考ではないといっておきながら目の前で紙に×の印をかかれたのが不愉快だった」(鉄道)
・「面接と言わなかったにも関わらずガチガチの面接であり、圧迫面接気味だった。ホワイト企業と謳っているのもタチが悪い」(エネルギー)

 

社会人だって無断キャンセルは多い

8.女性差別

女性の活躍を推進しようとする社会の流れに反して、面接での男女差別は依然として見られる。企業全体でこうした差別意識を払しょくする取り組みが必要だろう。

・「女性は結局出産と育児でいない期間があるから、企業にとってマイナスと言われた。総合職の面接で同じくらいの実力の場合は男性をとると言われた」(銀行)
・「女性の人事部長が終始意地悪な面接をしていたほか、男子学生には笑顔で接するなど、男女での対応の差がひどかった」(大学法人)
・「男性と私の学生2人対人事の集団面接で、男子学生には話したことについての質問を毎回していたが、私の話は聞いた後質問などされず、次の質問にすぐ移った。男女差別を初めて受けた。話を聞く気がないのなら呼ばないで欲しい」(IT)

 

上のロゴをクリックするとHRプロのサイトへジャンプします

いかがだろうか。「最近の学生は……」と言う前に、企業側は自分たちの姿を客観的に振り返った方がいいだろう。ちなみに、企業の採用担当者が嘆く学生の会社説明会の無断キャンセル率の高さ。私たちが人事向けのセミナーを行う際の企業側の無断キャンセルの率と大して変わらないことを付け加えておこう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT