DV騒動が泥沼化…夫婦を壊す「べき論」の暴走

夫の暴力に、妻は大掛かりな報復行為で返す

当然、この考え方には批判も多く、アンガーマネジメントも攻撃性を伴う怒りについては問題視しています。しかし、DVをする人の考え方と上記の社会構築理論による分析には、一致する部分がありそうです。

DVの加害者には「劣等感」を強く持っている人が少なくありません。そして、人は劣等感を持っていると、幸せを感じることが難しくなります。だから、自分の劣等感を晴らすために、「パートナーの欠点を指摘する」「パートナーに見栄をはる」「パートナーへ暴力をふるう」といった問題行動に走る人が出てくるのです。

これらのDV行為に共通するのは「自分はパートナーより上の立場であることをわからせたい」という感情です。たとえば、夫と妻の収入差がDVの発生理由になるのも、自分の収入が高いことに夫が優越感を見出し、生活力のパワーをもって妻を服従させるからだと言えます。

妻が起こす、大掛かりな「報復行動」

では、ここで言う収入差のような、妻を「服従させられる理由≒抑圧するに足るパワー」がなくなったら、どうでしょう? そこに待っているのは、もしかすると、妻からの「報復行為」かもしれません。

怒りには「情動伝染」という性質があります。つまり、怒りは新たな怒りを生むのです。「熟年離婚」などは、情動伝染による報復行為の典型例と言っていいでしょう。熟年離婚は、夫が定年退職を迎える日に告げられるケースが多いそうです。夫にとっては晴天の霹靂、妻にとっては臥薪嘗胆……といったところでしょうか。

真相はわかりませんが、アンバー・ハード氏にも、ジョニー・デップ氏に対するなんらかの怒りがあり、ロサンゼルス市警察などを巻き込んで事態を表面化させ、大掛かりな報復行動に至ったのかもしれません。

6月7日放送のNHK『クローズアップ現代』のテーマは、「妻が夫にキレるわけ 2800人が語る現代夫婦考」というものでした。この番組が2800人を対象に行った独自調査によると、妻の夫に対するイライラの原因第1位は「私(妻)の気持ちを理解していないこと」だったのです。

また同番組では、30年前と今の、夫からの離婚動機の変化についても触れています。1985年には第8位だった「妻からの精神的虐待」が、最新の調査で第2位に急浮上しました。

次ページ妻を「怖い」と感じる夫が急増
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。