DV騒動が泥沼化…夫婦を壊す「べき論」の暴走

夫の暴力に、妻は大掛かりな報復行為で返す

⑤ 警戒心

特徴:警戒心が強い人は、用心深く謙虚です。しかし度を超せば、警戒心が猜疑心となり、謙虚が劣等感となります。また、不安で情報過多になっているので、物を捨てられない人も多くいます。

対策:情報の取捨選択をしましょう。情報が多すぎることによって見えなくなるものも増えてしまいます。相手のアラ探しなどせず、そして、相手にレッテル貼りをしないようにしましょう。

⑥ 自立心

特徴:自立心が強い人は、長いものに巻かれません。しかし度を超すと、独善的になり、誰に対しても反抗的・批判的態度をとってしまいます。後先考えず、また黙っていられず、誰彼かまわず絡んでしまいます。

対策:周囲に目を向け、空気を読みましょう。そして、その都度、深呼吸をし、いったん落ち着いて、相手の「売り言葉」に「買い言葉」で返すのはやめましょう。軽率に言い返しても関係が泥沼化するばかりです。

「べき論」の扱いはこんなにも難しい

この連載で何度も述べていますが、「べき論=コアビリーフ」は、目標達成への原動力になるものですから、持っていなければ困るものです。しかし「べき論」は、自分の目の前で裏切られ、その裏切りの度合いが大きければ大きいほど、強い怒りとなって表出するという、扱いの難しいものでもあります。

ですから、自分の「べき論」を大切にする反面、過度にパートナーへ押しつけることで、取り返しのつかない悲劇を生まないようにしましょう。

アンガーマネジメントに興味を持たれたかたは、拙著『パワハラ防止のためのアンガーマネジメント入門』(東洋経済新報社)をご高覧ください。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。