民間も社会的責任持ち生活者支援に取り組め

ヤマトホールディングス 木川 眞社長に聞く

宅急便をはじめ多様な物流改革を実践し、日本市場を刺激してきたヤマトホールディングス(HD)。成熟化社会を迎えた日本に必要な再生・成長のカギは何なのだろうか。

木川 眞(きがわ・まこと)
ヤマトホールディングス社長
1973年富士銀行(現みずほ銀行)入行。2004年みずほコーポレート銀行常務取締役。05年ヤマトホールディングス入社。06年代表取締役兼常務執行役員、07年ヤマト運輸社長、11年4月より現職。

──政府の堅牢な規制に単独で風穴をあけてきたヤマトHDから見て、今の日本に必要な方策とは。

われわれは宅急便を生み出し、これまで進化させてきた。その成長の歴史の中で規制と闘い、需要を創造してきたのは確かだ。しかし、今は日本経済全体が成熟し、一企業や一産業だけが成長を享受できる時代ではない。これからは「協調・共生」をキーワードに、世界で成長する道を探っていくことが不可欠だ。

マイケル・ポーター教授(米ハーバード大学)が提唱するCSV(共通価値創造)の発想が重要。社会のニーズや問題に取り組むことで社会的価値を創造し、その結果、経済的価値が創造されるというアプローチを追求していかねばならない。

官と民の結集が不可欠

──「協調・共生」をテーマにして、日本の閉塞状況をどのように乗り切っていきますか。

前提として、これからは、官と民の結集が必要だ。官だけでやれる領域はあるが、民に任せたほうがいい領域をきちんと峻別すべきだ。少子高齢化社会を迎え、国民経済的に見ると逆スパイラルになっている状況を、正のスパイラルに転換することが日本再生の第一歩になる。

住民サービスにしても、生活弱者への取り組みを、公共(行政)サービスだけに任せていては限界がある。民間企業も、新しい社会的責任の考え方を持ち一緒に加わっていかないと、住民サービスの維持は今後難しいだろう。日本は課題先進国といわれるが、課題だけを持ち続けて解決策が生み出せなければ、課題後進国になってしまう。

当社には全国に約4000拠点、約18万人のセールスドライバーと従業員、そして情報ネットワークがある。この経営資源をプラットホームとして開放する。そこに行政や企業、住民、NPOなどが参加していけば、地域活性化や生涯生活支援の取り組みに必ず役立つはずだ。

われわれは物流運輸業として、一次産業、二次産業、三次産業それぞれとつながり、日本の国益に見合う新しいビジネスモデルを構築したい。

次ページ東北地方での取り組みは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT